FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼神楽

鬼神楽
ソフトハウス:Studio e・go!

☟DMMで購入する


『鬼神楽』が入ったパックもある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『鬼神楽』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャー部分と、マップ内を移動し敵を倒すというシュミレーション部分とに分かれるゲームで、それを交互に繰り返す。
ストーリーは、家族の仇を追う卓がついに仇の鬼を追い詰めるが返り討ちに合い、突然現れた巫女の姉妹と共に戦うが鬼に傷を負わせながらも逃げられてしまう。
その戦いの中で卓は鬼人化してしまい共に戦った巫女姉妹に襲い掛かろうとするのだった。

『鬼神楽』は、名前こそ違うが『夏神楽』の続編で主人公とヒロインの姉妹は代わっているが以前も登場したナツや音羽葉子も登場しているが『鬼神楽』からプレイしても話が見えないというほどの続編感はない。
ゲームの内容は、シュミレーション部分でのキャラがレベルアップをするなど多少の変更はあるが基本的な戦い方は前作の『夏神楽』と大差ないと感じる。
前作に引き続き妖怪によって姉妹のどちらかが倒されると陵辱Hシーンとなるのは変わりないが、主人公が血を沢山浴びる事によって鬼人化し仲間である二人に襲い掛かるというHパターンが増えている。
妖怪に襲われた姉妹は前作と同様、主人公の精液で浄化しなければならないというHシーンがあるが前作と違い、妖怪に汚染された箇所が複数に分かれているが治療は一日一箇所しか出来ない。
このゲームには隠されたパラメータがあり、治療をするかしないかなどで数値が変わりゲームのストーリー分岐に関係があるらしい。
ボイスは、主人公を含めたフルボイスだったと思う。
個人的には前作との違いはあまり感じていない。
それは前作同様の良い評価のゲームという意味でCGは綺麗で陵辱Hシーンの表現力が高く、主人公の鬼人化のシーンもプラスされてより陵辱よりのゲームになったと思う。
“汚染された箇所が複数に分かれた”と書いたが、ありていに言うとアナルが増えたという事で、治療で主人公がアナルで中出しSEXをするという事で治療も過激さをまし、総合的には前作を上回る出来になったと思っている。
(うろ覚えなので前作で既にアナルを治療するという行為があったのかもしれません)

☟DMMで購入する


電子書籍もある様です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
リンク
カテゴリ
広告
DMM GAMES 遊び放題
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
アダルトブック通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。