FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦

魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦
ソフトハウス:アイル

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦』はストーリー分岐式のマルエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは、主人公が奇妙な生物に襲われ、その後自分の身体の異変に気付く。
身体が快感を欲していた。
望まない快感を理性で抑える日々、同じ頃主人公の周りでは奇妙な出来事が起こり始める。
タイトルの名前にあるように快感を押さえ込もうとする“苦”と快感を受け入れた“悦”の狭間で揺れる主人公を描いた作品。
化け物が出てくる陵辱系のゲームと言え、ストーリーもCGもシリアスな表現で、CGは綺麗で私は期待していた。
CGを見ても化け物がエグ過ぎるという事もなく良いバランスで、良い作品に見えるが私のデーターベースではC判定となている。
C判定は良くも悪くもない普通という事だが、CGの印象と比べると低い。
それは、たぶん上に書いた苦悦の関係で主人公は、段々感じてしまい最終的には感じて終わるという方向性だったと思う。
私は陵辱系が好きな訳だがそれは、女性が嫌がるSよりの趣味があるという事だと思うが“結局嫌がらずに感じるんかい!”という陵辱感が薄い作品だという事だと思う。
明るいストーリーで犯されて感じる作品よりは、シリアスなストーリーで段々と感じる作品の方がもちろん良いが私の評価としてやはり落ちてしまう。
2作目もあるが私は買っておらず詳しくは知らないが、主人公は変わるが敵は同じ敵(種族)という事でストーリーは1作目と繋がっていないと思われる。
ちなみに1作目で見切りを付けた訳ではなく、ただ単に発売された時期にお金がなかっただけでお金があったら買っていた。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。
評価としてストーリー、CGの美しさは良いが、途中で女性が受け入れてしまうHシーンの表現が嫌いという感じで、逆に嫌がっていた女性が最終的にはヨガリ狂う作品が好きという人もいると思う。
そういう人には、お薦めな作品だが純粋な陵辱ゲームが好きな人には私の様に“普通”という評価になってしまうのかもしれない。

☟DMMで購入する


DVDPGもある様です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
リンク
カテゴリ
広告
DMM GAMES 遊び放題
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
アダルトブック通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。