FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原崎家の一族2完全版

河原崎家の一族2完全版
ソフトハウス:elf

キャラクターデザイン:りんしん


☟DMMで購入する



電車の中で優馬は、恋人の杏奈に呼ばれた様な気がして目を覚ました。
同じ夢を何回も見ていた様な不思議な気分だった。
優馬と杏奈は、付き合っていたが未だキスもした事のない清い関係だった。
優馬は、それでも幸せだった。
身寄りのない杏奈がお世話になっていた洋館の主人、縄綱の明日の誕生日を祝う為に自分も杏奈に誘われたのだったが、屋敷で嫌な思いをして安奈を連れて帰る所だった。
眠気から覚めた優馬は、安奈に申し訳なかったと考え直し、また屋敷に戻る事を決めた。

最寄りの駅に着き、戻ったと連絡をすると洋館から車で迎えに来た。
智樹は、不機嫌で優馬を迎える。
智樹は、身寄りのなかった杏奈と同じ様に洋館の主人に生活の援助を受けていた。
車に乗った二人に智樹は、洋館の主人、縄綱の誕生日に戻った杏奈に付いて来た優馬をよそ者だとして邪険にする。
杏奈の為に智樹の無礼な口振りを我慢する優馬。
智樹は、縄綱と縁を切ると車の中で息巻いている。
その不平不満を聞かされる優馬も堪ったものではない。

洋館に着くと執事の稲垣が出迎える。
物静かで不気味な無表情の稲垣は、洋館の主人の執事でメイド達を取り仕切る立場にある。
智樹の話ではこの豪華な洋館も昔は、何人もメイドを抱えていたそうだが今では二人しかおらず、縄綱は地に落ちたと馬鹿にしているのだった。
今、メイドは美香と鈴音の二人だけになっていた。
美香は、目つき鋭く冷たい印象で縄綱に長い間従事して来た様で、鈴音を指導する立場の様だった。
一方の鈴音は、美香とは正反対の大人しそうな印象を受け、愁いさえ帯びている。

杏奈とくつろいでいると、そこに智樹の妹の真樹が嬉しそうにやって来た。
真樹は、優間と少ししか時間を過ごさなかったにも関わらず優馬の事を気に入っており、それを智樹は、また気に入らない。

夕食の時間、初めて会った縄綱に優馬は驚愕した。
長い髪の毛のウイッグを被り、顔に化粧をし、赤いドレスを着ている。
その割りに声は野太く男らしい迫力のある声をしている。
杏奈も智樹も誰も驚いている者はいない。
これがこの主人の日常の様だ。
食事の最中、縄綱は今まで援助して来た事を持ち出し「これからは自分にこの借りを返すように。大学を辞めてこの屋敷に家族として一緒に住もう」と言い出した。
智樹が激怒すると縄綱は「冗談だ」とこの場を去っていった。

優馬が部屋に戻ると手帳に“この屋敷から逃げろ。縄綱も稲垣も美香もみんな気が狂っている”と警告とも取れる文章を見つけてしまう。
この文書の意味も縄綱の「借りを返す」と言う言葉も後にわかってくるのだが、この時、優馬はこの言葉の意味はわかっていなかった。
この屋敷に訪れた、優馬、杏奈、智樹、真樹、それと雨宿りにこの屋敷にやって来てしまった、写真家の健吾と、その恋人奈津子も巻き込まれ、狂気と淫靡な世界が繰り広げられる事になっていく。


☟DMMで購入する



ソフトハウスelfの作品だが私が一番好きなメーカーだが現在は、存在していない。
河原崎家の一族2は当然1があったのだが1とは何の関係もない。
ゲームは分岐式マルチエンディングストーリーのアドベンチャーゲーム。
この世界観やシナリオ、音楽や効果音、CGの美しさに加えこの川原崎家の一族2はCGがアニメの様に滑らかに動くがアニメとは違った趣があり、お世辞ではなくどこを取っても文句の付け様がない作品に仕上がっている。
音声は優馬(主役)を除いた登場人物はフルボイスで、声優を含めた人物キャラは秀逸で個人的には、真樹の明るく、自由奔放で可愛らしいキャラが一番好きだが、キャラの個性がハッキリと区別されているので自分の好きなキャラが必ず一人は見つけられるであろう。

Hシーンは奈津子が7シーンで、奈津子を除いた4人が11シーンで、全部で51シーンと多く、一本で何回も楽しめる。
Hシーンを全部見るのに苦労するゲームもあるが河原崎家の一族2にはナビマップがあり、見ていないルートを一目でわかるのでHシーンの取り溢しは、しないと思われる。
本編とは別に夢想河原崎家の一族2、悪いお医者さんに騙された杏奈ちゃん、夜のショート・ストーリーとして普通の優馬君と思ったことが口から出てしまう優馬君の2本のおまけの計4本のミニゲームが楽しめ、51シーンとは違うHシーンが含まれている。
内容が薄く買って損したと思う事は、まずないだろうと思う。

度々書くが私は、明るく楽しい美少女ゲームはあまり好きではなく、その変の趣味を考慮した中でのお薦め作品で、ハードな陵辱系ゲームが嫌いな方にはお薦めしていません。
elfはその陵辱系ゲームに素晴らしい物が何本もあり、これからこのブログで何本も紹介する事になると思いますのでお楽しみに!



ちなみに名作ゲームなのでアニメ化もされている。
☟DMMに移動する

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
リンク
カテゴリ
広告
DMM GAMES 遊び放題
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
アダルトブック通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。