FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へルタースケルター ~白濁の村~

へルタースケルター ~白濁の村~
ソフトハウス:Guilty


☟DMMで購入する

 



天司は、近所に住む各務親子と旅行に来ていた。
幼い時に両親を交通事故で亡くした天司は、各務小夜子に色々とお世話になっていた。
小夜子は、オリジナルブランドのオーナーで日本を代表するデザイナーだ。
美しい容姿には、そぐわないおっとりとした女性だ。
小夜子の長女は吹雪といい、その美貌からモデルをしていたが、母と同じくデザイナーを志し新進気鋭のデザイナーとして母とは別のブランドを立ち上げこちらも成功を収めていた。
モデルの方は、トップモデルとして活躍していたにも関わらず、デザイナーに専念する為に惜しまれつつもモデルを辞めてしまった。
吹雪は、燐としていて自立した大人の女性といった印象で人間としての強さを感じられる信念の強い女性と言える。
三女の春風は、現在学生だが母から受け継いだ容姿でグラビアアイドルとして芸能界で活躍していた。
明るく元気なイメージで仕事柄からか、露出度の高い服装をよく着ていた。
次女の美雨は、それをいつも心配していた。
美雨は、大学生で家族の中で唯一芸能活動をしていない女性で大学では、民族学研究会に入るなど芸能界にまるで興味がなかった。
興味はなかったが、大学でミスキャンパスに選ばれるなど美貌のDNAは受け継がれ、家族の知り合いの芸能関係者から芸能活動をしないかと誘いを受けるのだが興味がない美雨は、それを断っていた。
美雨は、幼馴染の天司に好意を抱いていたが大人しい性格から、想いを伝えられずにいた。
また、天司も美雨に好意を抱いていたが幼馴染という関係から自分の本当の想いを自分でも分からずにいた。
なぜ天司と各務が旅行に一緒に来ているのかというと、テレビ局ディレクター春日部満徳が芸能人一家の旅行番組として番組を企画し、小夜子に出演を打診していた。
しつこく誘う春日部に小夜子は、家族の一員である天司と一緒ならと了承した。
旅行先は春日部の故郷でもある白寿村。
その村は、谷に隔たれた吊り橋一本で結ばれた偏狭の村だったが温泉もあり自然豊かな村だった。
白寿村には神社があり、近々祭りがあるらしい。
シシ神様を選び、猟師に扮した村人がシシ神さまを追い回す祭りだそうで、村長の千蔵や祭りの為に口元を隠している神主は、祭りを楽しみにしていてくださいと言うのだった。
その目はどこか粘着質で身体を嘗め回すような。各務の女性達を値踏みするような嫌な視線に皆感じていた。
各務達家族はすでに春日部達の罠に嵌っていた。
白寿村で行われる祭りの秘密とは何なのか、偏狭の地で天司達は、無事に村を脱出する事が出来るのであろうか?

☟DMMで購入する


ストーリー分岐式マルチエンディングのアドベンチャーゲームで、そのストーリーはありがちな内容で目新しさを感じないが、ゲーム中、天司と各務家族四人と視点が入れ替わる。
単純なストーリーだがキャラクターデザイン、CGの美しさでこのゲームの評価を著しく上げていると思う。
姉妹を庇ったり母親を庇ったりして家族を巻き込まない様にして自分が陵辱される姿に股間が熱くなる。
3姉妹のキャラ分けがハッキリされていて可愛く明るい妹、しっかりした美人の姉、ヒロインの要素を全て兼ね備えた様なヒロインの中のヒロインといった様な清純派な次女。
それぞれの姉妹が複数の男達に弄ばれる姿は必見である。
母親は、若くて綺麗で見た目的には長女と被っているが、性格的にはおっとりとしたしゃべり方で区別されている。
声は、女性がフルボイス。
Hシーンは36シーンでザーメン発射のCG差分が多く、一シーンが長く沢山の男に陵辱されている感や長い間陵辱されている事をうまく表現している。
そのザーメンは、下手なソフトハウスが作れば邪魔なだけだがヘルタースケルターは、美しい女性の邪魔をしない。
Hシーンを全て見る事は簡単で取り残しが起こる事はまずないと考えられる。
ストーリーがありがちと酷評したが世界観が悪い訳ではなく、トータルで考えるとA級作品と位置づけている、お薦めの作品です。
Guiltyは、陵辱系を中心にした作品ばかりでCGの良さから私が好きなブランドの一つで、難解なゲームはなく、良い意味で淡々とHシーンが見られる。
何作もプレイしているのでまたご紹介します。



原画
おりみや舞
シナリオ
乃美糸真夏葉

各務美雨
CV:松田理沙
各務吹雪
CV:一色ヒカル
各務春風
CV:風音
各務小夜子
CV:白井綾乃



☟DMMに移動する


見た事はないがアニメになっている様だ。
アニメ化をされるという事は人気がある作品の証明みたいな物で、ゲームの出来を測る根拠となると私は考えている。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります

佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります
ソフトハウス:G.J?


Graphic00000.jpg
このCGはこのソフトで作ったCG。


収録をされている背景、人物、道具、汗、精子、などのCGを組み合わせてCGを作り、それに文章と音声を加える事でストーリーを作れる簡易Hゲーム制作ソフトだが、初めから簡単なHストーリーが30シーンほど入っている。
そのストーリーは、バックボーンがなく、ただHシーンを表現しているだけで盛り上がりに欠けるが、基本CGは美しいのでネタには使える。
ただ散々CGを作ってからそのHストーリーを見ると何回も見た様なCGを見る事になるので飽きている事になり私は、たいして興奮しなかった経緯があるので色々作る前にストーリーは、楽しんでもらいたい。
そのCG作成は、女性の乳首の大きさを自分の趣味に合わせて大きさを変えられたり、バイブなどの道具を挿入させたり、汗、精子を付着させたり、陰毛を付け加えたりと幅広く女性を変化させられる。
道具などのCGは、縮小、拡大、回転、切り取りなどが出来る。
CG、音声は若い可愛らしい少女、お姉さん系女性、大人びたセクシーな女性の3パターンのCG、音声が大量にあり、その他として色々なパターンの女性のCGが沢山収録されているが音声は、3種類(人)だけを使い回す事になる。
音声は、大量にあるが自分の考えたストーリーに当てはめるとなると種類が少ないと言わざるおえないが、音声を一つ一つ再生して確認する作業に骨が折れた。
自分がCGを作って物語を作るのだからエロストーリーを作ってもその後のCG、物語の展開など全て頭に入っているのでいい話が作れたとしても個人的には興奮出来なかった。
簡易CG制作ソフトとしては、使えるし、写真をフォルダに入れる事でH関係のみならず写真加工にも使えるのでその点は、広く利用出来るいい所だと思う。(一番下の写真はこのソフトで作った物)
作ったCGは、掲載O.Kなのでブログ作りの手助けに使える。


☟DMMで購入する




gura.jpg
写真をエロティックに加工した物です。
何が出来るかを表現する為に色々付け加えてみましたが、私の趣味ではありませんW
乳首を付けるとポロリした写真に見えますが元々ポロリなどしていません。
物は使いようですね。

Knight & Princess

Knight & Princess
ソフトハウス:縁

4Knight.jpg

王妃のセロット・ワルトナは、王位継承の為の試練の旅に出た。
しかし、国境付近で最後に確認された後、セロットは行方不明になってしまった。
騎士見習いのリンクス・イリテモは、将来護衛騎士になるはずだったセロットを探す旅に出た。
その道のりは、女性を犯そうとする獣や虫、盗賊、お金の代わりに体を要求してくる商人と簡単な旅にはならない。
情報を頼りに辿り着いた中立都市グラス・パンパスで盗賊ギルドのサーバル・バンナ、錬金術ギルドのマヤリ・コアネビ、自警団という名の荒くれ者などそれぞれの思惑に巻き込まれながらリンクスはセロットを無事見つけ出す事が出来るのだろうか?


縁が以前発売しているThief and Swoldと同じ方式のストーリー分岐式に、敵を倒すというロールプレイング要素を加えたゲーム。
武器や防具を買うわけではなく、ストーリーを進める内に武器を見つけるという方法だ。
もちろん薬草などの回復アイテムも使う事が出来る。
戦いは、武器(防具)を選び、メーターを良いところに止められれば大ダメージが与えられる(大ダメージを防げる)という仕組み。
その他としてスロットの数字を止め、その数字が大きければ危険回避出来るという特別なストーリー分岐の所が存在する。
話はセロットの物語を先に行ない、クリアすればリンクスの話を始められる仕組み。
話の助走が短く、ヒロインの性格など理解出来ずにHシーンに突入するという印象でヒロインが犯される事に感情移入出来ない感がある。
ただHシーンがすぐに見たいという人には、良いだろうがヒロインに感情移入したい人には不向きと言える。
ストーリーは、なぜこんな危険な社会でお姫様が旅に出なければならないのかと話に無理があると感じてしまうが、CGがThief and Swoldの時より可愛く新化しているのが良い点に上げられる。
ヒロインの服装などから大きな括りで言えば“正義のヒロインが敵に陵辱される”というジャンルと捉えて良いだろうと思う。
HシーンはSM、暴力要素が満載で、単に陵辱物が好きな私とは少しジャンルが違うという印象だが、まったく好きなシーンがないという訳でもないが、明るく楽しい恋愛ゲームが好きな方には、抜けるシーンはゼロと言っていいだろう。
分岐点が多く、それに戦いや危険回避判定のシステムが組み合わされて全Hシーンを見るには大変な苦労が必要になる。
そのHシーンは内容が短めですぐに終わるという印象だが、その分Hシーンが80シーンと多く、色々なバリエーションが収録されている。
その他のモードとしてガチャでアイテムが貰えるとか、立ち絵のCGが見れるモードや、CGにピアスを付けられるとか色々な工夫が見られる。
戦いが苦手な人に向けて初めから強力なアイテムを持っていけたり、キャラにスキルを付けて戦いを有利に進められる様に工夫されている。
オートスピード設定など、システム的に難があると思うが自分のコンピューターが悪い場合もあるのでそう言い切れない。
総合的に良くも悪くもない普通といった所だが、SM、暴力的な内容が好きな人にはお薦めなゲームと言えるだろう。


☟DMMで購入する



リンクス・イリテモ
CV:東かりん
セロット・ワルトナ
CV:草柳順子
ラカル・ワトルナ
CV:伊藤瞳子
サーバル・バンナ
CV:榊木春乃
マヤリ・コアネビ
CV:片倉ひな

魔法少女沙枝vol.2

魔法少女沙枝
ソフトハウス:mille-feuille(ミルフィーユ)

☟DMMで購入する


魔法少女沙枝vol.1
どこにでもいる普通の少女、楠沙枝。
彼女は異世界からやってきた妖精エミットと出会い、「違反者」と呼ばれる悪い魔物を退治するため、魔法少女になってほしいとせがまれてしまう。
最初は戸惑っていたが、心優しい沙枝は魔法少女になることを決意する。
しかし、違反者の好みも様々で淫らな嗜好を持つ者も多いことを紗枝はまだ知らなかった。




☟DMMで購入する

魔法少女沙枝vol.2
エーテルランドの女王の使者、エミットに頼まれて3年前から人間界に発現する「違反者」の退治をする様に頼まれ、魔法少女になった紗枝。
そんなある日学校のプールでの体育の授業中、魔方陣が現れ妖魔が現れた。
クラスメートが捕まる中、紗枝も捕まり妖魔の触手で犯されてしまう。
妖魔の激しい責めに屈しかけるが、親友の西島翔子の勇気ある行動で魔法少女に変身出来、妖魔を退治する事に成功した。
沙枝が魔法少女に変身した事に驚いているクラスメート達にエミットが魔法を掛け、記憶を操作すようとするが翔子だけには魔法が効かなかった。
それは、翔子に魔法少女になれる素質があるという事で、喜ぶエミットは翔子を魔法少女にしようとするが紗枝は、戦いの中で今まで陵辱され続けた事が走馬灯の様に浮び反対する紗枝。
紗枝の必死な説得に翔子は違和感を覚え理由を問いただした。
諦めるだろうと正直に話す紗枝だったが、翔子は逆に紗枝を助けたいと魔法少女になる事を決意するのだった。
新たに魔法少女になった翔子を仲間にした紗枝は、次から次へと現れる違反者達との戦いに打ち勝つ事が出来るのであろうか?

魔法少女沙枝の二作目の作品だが一作目より魔法少女が一人増えているので一作目を無視して買ってみた作品で一作目の内容は、二作目に書かれていた宣伝をそのまま載せた。
ゲーム内容は、分岐式アドベンチャーゲーム。
魔法少女二人だけ登場する作品かと思っていたが、他の女性も出て来たのでお得感を感じた。
Hシーンは、セクシーな変身CGアニメーションを入れると31シーンと値段の割には多い方だと思っている。
CGはレベルが高いとは言い難いが、デザインとか構図など個人的には好きなCGではある。
魔法少女系の中で沙枝のキャラクターデザインの良さ、コスチュームの可愛らしさと陵辱されている時のコスチュームの破れ具合、CGでの大量のザーメンに良い印象を持ち、買ってみたが値段で考えるとお得な作品と言えると思う。



原作:水坂早希(二次元ドリーム/ベルズ刊)
原画:ひぐちいさみ

楠沙枝
CV:野神奈々
エミット
CV:乃嶋架菜
西島翔子
CV:本山美奈
村上静流
CV:岬友美




☟DMMで購入する

割と有名な作品で後にアニメ化されているが見た事がないのが、参考までに載せてみた。

河原崎家の一族2完全版

河原崎家の一族2完全版
ソフトハウス:elf

キャラクターデザイン:りんしん


☟DMMで購入する



電車の中で優馬は、恋人の杏奈に呼ばれた様な気がして目を覚ました。
同じ夢を何回も見ていた様な不思議な気分だった。
優馬と杏奈は、付き合っていたが未だキスもした事のない清い関係だった。
優馬は、それでも幸せだった。
身寄りのない杏奈がお世話になっていた洋館の主人、縄綱の明日の誕生日を祝う為に自分も杏奈に誘われたのだったが、屋敷で嫌な思いをして安奈を連れて帰る所だった。
眠気から覚めた優馬は、安奈に申し訳なかったと考え直し、また屋敷に戻る事を決めた。

最寄りの駅に着き、戻ったと連絡をすると洋館から車で迎えに来た。
智樹は、不機嫌で優馬を迎える。
智樹は、身寄りのなかった杏奈と同じ様に洋館の主人に生活の援助を受けていた。
車に乗った二人に智樹は、洋館の主人、縄綱の誕生日に戻った杏奈に付いて来た優馬をよそ者だとして邪険にする。
杏奈の為に智樹の無礼な口振りを我慢する優馬。
智樹は、縄綱と縁を切ると車の中で息巻いている。
その不平不満を聞かされる優馬も堪ったものではない。

洋館に着くと執事の稲垣が出迎える。
物静かで不気味な無表情の稲垣は、洋館の主人の執事でメイド達を取り仕切る立場にある。
智樹の話ではこの豪華な洋館も昔は、何人もメイドを抱えていたそうだが今では二人しかおらず、縄綱は地に落ちたと馬鹿にしているのだった。
今、メイドは美香と鈴音の二人だけになっていた。
美香は、目つき鋭く冷たい印象で縄綱に長い間従事して来た様で、鈴音を指導する立場の様だった。
一方の鈴音は、美香とは正反対の大人しそうな印象を受け、愁いさえ帯びている。

杏奈とくつろいでいると、そこに智樹の妹の真樹が嬉しそうにやって来た。
真樹は、優間と少ししか時間を過ごさなかったにも関わらず優馬の事を気に入っており、それを智樹は、また気に入らない。

夕食の時間、初めて会った縄綱に優馬は驚愕した。
長い髪の毛のウイッグを被り、顔に化粧をし、赤いドレスを着ている。
その割りに声は野太く男らしい迫力のある声をしている。
杏奈も智樹も誰も驚いている者はいない。
これがこの主人の日常の様だ。
食事の最中、縄綱は今まで援助して来た事を持ち出し「これからは自分にこの借りを返すように。大学を辞めてこの屋敷に家族として一緒に住もう」と言い出した。
智樹が激怒すると縄綱は「冗談だ」とこの場を去っていった。

優馬が部屋に戻ると手帳に“この屋敷から逃げろ。縄綱も稲垣も美香もみんな気が狂っている”と警告とも取れる文章を見つけてしまう。
この文書の意味も縄綱の「借りを返す」と言う言葉も後にわかってくるのだが、この時、優馬はこの言葉の意味はわかっていなかった。
この屋敷に訪れた、優馬、杏奈、智樹、真樹、それと雨宿りにこの屋敷にやって来てしまった、写真家の健吾と、その恋人奈津子も巻き込まれ、狂気と淫靡な世界が繰り広げられる事になっていく。


☟DMMで購入する



ソフトハウスelfの作品だが私が一番好きなメーカーだが現在は、存在していない。
河原崎家の一族2は当然1があったのだが1とは何の関係もない。
ゲームは分岐式マルチエンディングストーリーのアドベンチャーゲーム。
この世界観やシナリオ、音楽や効果音、CGの美しさに加えこの川原崎家の一族2はCGがアニメの様に滑らかに動くがアニメとは違った趣があり、お世辞ではなくどこを取っても文句の付け様がない作品に仕上がっている。
音声は優馬(主役)を除いた登場人物はフルボイスで、声優を含めた人物キャラは秀逸で個人的には、真樹の明るく、自由奔放で可愛らしいキャラが一番好きだが、キャラの個性がハッキリと区別されているので自分の好きなキャラが必ず一人は見つけられるであろう。

Hシーンは奈津子が7シーンで、奈津子を除いた4人が11シーンで、全部で51シーンと多く、一本で何回も楽しめる。
Hシーンを全部見るのに苦労するゲームもあるが河原崎家の一族2にはナビマップがあり、見ていないルートを一目でわかるのでHシーンの取り溢しは、しないと思われる。
本編とは別に夢想河原崎家の一族2、悪いお医者さんに騙された杏奈ちゃん、夜のショート・ストーリーとして普通の優馬君と思ったことが口から出てしまう優馬君の2本のおまけの計4本のミニゲームが楽しめ、51シーンとは違うHシーンが含まれている。
内容が薄く買って損したと思う事は、まずないだろうと思う。

度々書くが私は、明るく楽しい美少女ゲームはあまり好きではなく、その変の趣味を考慮した中でのお薦め作品で、ハードな陵辱系ゲームが嫌いな方にはお薦めしていません。
elfはその陵辱系ゲームに素晴らしい物が何本もあり、これからこのブログで何本も紹介する事になると思いますのでお楽しみに!



ちなみに名作ゲームなのでアニメ化もされている。
☟DMMに移動する

アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
リンク
カテゴリ
広告
DMM GAMES 遊び放題
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
アダルトブック通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。