FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~

RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~
ソフトハウス:Guilty


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。


『RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、女学園に教師として働くヒロインがフィアンセの借金により、一ヶ月だけ知り合いの学園に勤めるとフィアンセの借金を少なくしてやると勧められフィアンセの為と黒銅学園で働く事になった。
しかしそこは不良達が集まる荒れた学園だった。

『RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~』のパッケージは紙の箱ではなくDVD映画などに見られるプラスチック製の箱で説明書なども簡易で値段を安く抑えたゲーム。
ストーリーも簡易でHシーンが淡々とやってくる抜きゲーといった感じだが、Hシーンが少ないという分けではなく十分にHシーンはある。
CGはGuiltyらしい陵辱感満載の綺麗なCGだが主な登場人物が二人と寂しいく、段々と飽きてくる。
総評として悪くはないが、廉価版として作られている分ストーリーに厚みがなく淡々とHシーンが見られるのは面倒臭くなくて良いがゲーム性は少なく感じる。
よって普通のゲームと言えるが私のGuiltyへの期待値が高すぎるとも思える。
値段の割には良いゲームと評価しても良い出来だと思います。

☟DMMで購入する

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~

種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~
ソフトハウス:Guilty

☟DMMで購入する


プレイした事はありませんが追加パックがある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは陸の孤島での秘祭に巻き込まれる話でそう聞くとGiltyの『へルタースケルター』を連想させるが大筋で同系統の話と言って良いと思う。
どこが違うのかと聞かれればHの内容だと思う。
『ヘルタースケルター』よりHの内容がマニアックで変態チックな演出が多くノーマルの人には理解するのが難しい。
個人的には寝取りのシーンが良かったと思うがこれもノーマルとは言い難い。
CGはさすがGiltyというクオリティーの高い出来で『ヘルタースケルター』よりもより綺麗になっているが趣味の所で合わない部分が多くA級のゲームとは言い難い。
総評にしてB級に近いC、普通のゲームと言ったところだと思います。
CGを見て頂き私が言うマニアックなプレーがどの様な事を指しているのかを見て頂き趣味に合う様でしたらゲーム自体のクオリティーは高いのでお薦めです。


☟DMMで購入する


DVDPGと電子書籍がある様です。

乙女恥曝遊戯

乙女恥曝遊戯 ~Disgrace Return Play~
ソフトハウス:Guilty

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『乙女恥曝遊戯 ~Disgrace Return Play~』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、主人公が所属する生徒会で生徒会長の七緒を中心に性的虐待を受け家に引き篭もってしまった。
そんなある日、ネットで知り合った『彼』と言う謎の人物の言葉に七緒達への復讐を決意し実行していくというストーリー。
ストーリーは、苛めへの復讐という王道の話でズバ抜けたストーリーではない。
個人的に『Guilty』のCGは過激でキャラの表情やザーメンの表現などが好きで、暗いイメージのCGがよりシリアスなストーリーを際立たせる事に一役買っている。
話も陵辱系の話しで好きなのだが、ただ陵辱と言っても話のきっかけともなる主人公への性的虐待を行える様な性に躊躇がない女性が主人公に犯される事に無理やり感や“清純な女性が!”の様な感覚がぶっ飛んでしまい、私の中でずっと引っ掛かり盛り上がりに欠けた。
そいう事も関係して私の評価ではC級の良くも悪くもない普通の作品という評価になってしまったが、生意気な女性を屈服させるという感じの作品が好きな方には全体的なクオリティーが高いので良いゲームとして楽しめる作品だと思います。

☟DMMで購入する


見た事がないので評価は出来ませんがアニメがある様です。
やはりアニメ化もされる程の人気はあったという事でしょう。

輪罠Ⅱ

輪罠Ⅱ
ソフトハウス:Guilty

原画:相川亜利砂、明音
シナリオ:髪ノ毛座、橙つづく

☟DMMで購入する




蓮見奏と蓮見響は、双子の兄弟だ。
父は風景カメラマンで世界中を飛びまわり、実質二人で生活をしていると言って良かった。
ある日、弟の響きが放心した表情で学校から帰って来た。
響は自分の部屋に閉じこもり出てこなくなった。
姉の奏は心配してドアの鍵を壊して部屋に入って学園で何かあったのか聞くが何も答えない。
その時携帯のアラームが鳴り、偶然に携帯に収められた響が大勢の男と一緒に女生徒を陵辱している写真を見てしまった。
奏では響に画像の事を聞くが響は黙ったまま何も答えなかった。
自分のせいで響が怪我をしてしまい、足を引きずるようになった響きを見守ってきた奏でだったが、自立したいと響の希望で別々の学校に通うようになった奏は、学園で起こった出来事を知る事が出来ない。
そこで奏では、響に成りすまし学園に忍び込み弟を苦しめる原因を調べようと思った。
双子の二人は、ウィッグを付ければ父が気付かないほど似ていたのだった。
響が自室に閉じこもり学園に行こうともしない間に響の学園に潜り込んだ奏だったが、響の同級生の瀬名拓人に自分が女性である事を気付かれてしまう。
その事が図らずも響を苦しめた原因に近づく糸口になる事をその時は、まだ気付いていなかった・・・


ストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャーゲームで輪罠の二作目。
一作目も良かったが手元に二作目しか持っていないのでⅡから紹介します。
一応、奏が主人公だが視点は他のキャラにコロコロと変わる。
ストーリーは、謎を解き明かすという目的があるが、分岐も少なく推理するとうい様な感じではなく、淡々とHシーンが見られるゲームと言える。
分岐が少ないのでHシーンの取り残しは起きないと思われる。
一度クリアするとINITIAL,EVILの二つのストーリーが現れる仕組みになっている。
Hシーン70シーンと多いがシーンは短めな部類に入る。
CGは影が付いて少女達が立体的に見えて美しいCGで、私がこの作品を好きな理由の一つだ。
Hシーンは一般的にキャラのセリフと情景を伝える文章に分けられるが、通常文章部分はキャラの音声は流れない。
輪罠Ⅱは、その文章部でキャラの喘いでいる音声がずっと流れている。
聴覚的に興奮出来るよい演出だと思う。
ゲームクリア後に見られるHCGモードでは、一般的には絵を見るだけだがCGに合った音声がバックで流れる。
私は、CGだけでは興奮しないがこの方式では興奮出来る良い点だ。
CGは綺麗、抜く為の工夫、Guiltyで外れの作品などない。

☟DMMで購入する




蓮見奏
CV:青山美海
宇佐美紗香
CV:中家志穂
守谷瑠璃
CV:草柳順子
白雪まどか
CV:福島梨亜
仲條時雨
CV:未来羽

☟DMMで購入する


DVDPGもある様です。

Last Waltz ~白濁まみれの夏合宿~

Last Waltz ~白濁まみれの夏合宿~
ソフトハウス:Guilty

キャラクターデザイン・原画
椋木尋
シナリオ
初見 Rodeo

☟DMMで購入する




西ノ森学園が所有する合宿所。
合宿所のあるこの島は、国外にある。
この島を所有する国でクーデターが起こったのは想定外の出来事だった。
野球部のマネージャーである2年生の望月有希は、野球部と共に強化合宿に来ていた。
合宿に来ていたのは野球部、ラグビー部、アニメ研究会、サバイバルゲーム同好会の4つの部会だ。
野球部とラグビー部は、伝統的に仲が悪く有希は本土に教師達が様子を見に行ってから二日、風紀の乱れに不穏な空気を感じていた。
有希は「さすがに生徒だけ残して行くのはまずい」と唯一島に残っている教師の烏丸都子に様子を見に行った教師達から連絡がないかと聞く為に探していた。
都子は食堂でシンシア・サグリットと一緒にいた。
シンシアはこの島にいる唯一の現地スタッフで真面目に働く人の良さそうな娘だった。
都子を見付けたはいいが、有希は事態が好転する良い情報を聞くことは出来なかった。
都子も風紀の乱れを感じていてルール決めなどを行う定例会議を毎日開くことを提案し、4つの部会の主将と女性代表として有希も会議に出る様に提案してきた。
この島に残っている女性は全員で5人だが、2年である有希は難色を示したが都子に説得され了承した。
有希は、グラウンドに向かうとラグビー部とアニメ研究会が揉めていた。
アニメ研究会はラグビー部マネージャーで1年生の日野雛子に普段からちょっかいを出しているらしくラグビー部員は、アニメ研究会を嫌っていた。
雛子は二次元から飛び出して来た様な可愛らしい少女で、アニメ研究会でなくてもちょっかいを出したくなる様な娘だった。
有希は、都子の定例会議をする事を提案した事を改めて納得し、仲裁に入り一応の決着に一役かった。
初めての定例会議で男子のシャワーは二日に一回、女子は毎日シャワーを浴びてもいいがお風呂にお湯を張る事は禁止された。
順調に会議が進んでいると思われたが食料の備蓄量を考え、これから食事制限をするかどうかが話し合われた時、賛成と反対の意見が出て有希も自分の意見を言う様に周りから促されるのだった。
会議が終わり有希は、ルールーで決まった通りシャワーを浴びていた。
シャワーを浴び終わり浴室を出ようとするとラグビー部マネージャー3年の見城真綾が入って来た。
真綾は、会議で決まったルールを破り浴槽にお湯を張り入ろうとしている。
有希は改めてルールを伝えるが真綾は聞き入れず、有希が何故女性代表なのかと嫌味を言ってくるのだった。
真綾は、普段からラグビー部の面倒な仕事を後輩の雛子にやらしていて、そのお嬢様気質な態度は、有希がやんわりとルールを守る様に注意しても改める気はない様だった。
ある夜、雛子と部屋が一緒の有希の所に野球部主将初芝真一郎がやって来て本土に「様子を見に行った教師達が帰って来た」とやって来た。
雛子と一緒に3人で浜辺に行くと大破したクルーザーがあった。
人だかりの中に教師達のバラバラになった死体があった。
その体には、銃で撃たれた傷が無数にあった。
教師達は、どうやら本土にさえ行けずに殺された様だった。
その光景を見た生徒達は自分達が戦場に取り残された事を改めて思い知らされた。
自分もいつ殺されるかわからない中、欲望が沸き起こる男子生徒。
その欲望から逃れる為に行動を起こす女性達。
それぞれの思惑の中、女性達は無事家に帰る事が出来るのであろうか?



☟DMMで購入する



ストーリー分岐式マルチエンディングのアドベンチャーゲームでGuiltyはレベルが高い陵辱ゲームを沢山生み出している。
Last Waltzはその中の一本だが閉塞された世界観は、好きだが謎を解き明かす様な一本芯の通ったストーリーではなく、淡々とHシーンが見られるゲームと言える。
基本、ヒロインの望月有希の視点で話が進むが所々他の登場人物の視点で話が進む所がある。
Hシーンは全49シーンでほとんどが陵辱シーンで、CGは美しく私の好きなタイプのCGなのでGuiltyは、私の中で5本の指に入るソフトハウスだ。
上記で述べた様に謎を解き明かす様な内容ではないので分岐場所も少なく、その為CGの取り残しもまず起きないだろう。
声は、女性のみフルボイス。
初っ端から主要キャラのHシーンから始まる通り、Hを簡単に見られる事を意識しているのか(Guiltyの作品は基本的そう言える)Last Waltzはストーリーに深みはないが、CGは日野雛子が今は無きブルマを穿いているなど可愛く、抜くには十分すぎる内容で私の評価は高い。
Guiltyの作品の中での順位は低い部類に入るが、プレイして貰いたい作品の一つではある事は間違いない。



☟DMMで購入する

アニメになっている様で、きっと同じ内容で値段が高いのと安いのの違い?の商品だろうと思う。


野球部マネージャー
望月有希
CV:中家志穂
ラグビー部マネージャー
見城真綾
CV:伊藤瞳子
ラグビー部マネージャー
日野雛子
CV:芹園みや
引率の女教師
烏丸都子
CV:彩世ゆう
合宿所現地スタッフ
シンシア・サグリット
CV:如月葵


☟DMMで購入する

DVDPGもあって至れり尽くせりですね。

へルタースケルター ~白濁の村~

へルタースケルター ~白濁の村~
ソフトハウス:Guilty


☟DMMで購入する

 



天司は、近所に住む各務親子と旅行に来ていた。
幼い時に両親を交通事故で亡くした天司は、各務小夜子に色々とお世話になっていた。
小夜子は、オリジナルブランドのオーナーで日本を代表するデザイナーだ。
美しい容姿には、そぐわないおっとりとした女性だ。
小夜子の長女は吹雪といい、その美貌からモデルをしていたが、母と同じくデザイナーを志し新進気鋭のデザイナーとして母とは別のブランドを立ち上げこちらも成功を収めていた。
モデルの方は、トップモデルとして活躍していたにも関わらず、デザイナーに専念する為に惜しまれつつもモデルを辞めてしまった。
吹雪は、燐としていて自立した大人の女性といった印象で人間としての強さを感じられる信念の強い女性と言える。
三女の春風は、現在学生だが母から受け継いだ容姿でグラビアアイドルとして芸能界で活躍していた。
明るく元気なイメージで仕事柄からか、露出度の高い服装をよく着ていた。
次女の美雨は、それをいつも心配していた。
美雨は、大学生で家族の中で唯一芸能活動をしていない女性で大学では、民族学研究会に入るなど芸能界にまるで興味がなかった。
興味はなかったが、大学でミスキャンパスに選ばれるなど美貌のDNAは受け継がれ、家族の知り合いの芸能関係者から芸能活動をしないかと誘いを受けるのだが興味がない美雨は、それを断っていた。
美雨は、幼馴染の天司に好意を抱いていたが大人しい性格から、想いを伝えられずにいた。
また、天司も美雨に好意を抱いていたが幼馴染という関係から自分の本当の想いを自分でも分からずにいた。
なぜ天司と各務が旅行に一緒に来ているのかというと、テレビ局ディレクター春日部満徳が芸能人一家の旅行番組として番組を企画し、小夜子に出演を打診していた。
しつこく誘う春日部に小夜子は、家族の一員である天司と一緒ならと了承した。
旅行先は春日部の故郷でもある白寿村。
その村は、谷に隔たれた吊り橋一本で結ばれた偏狭の村だったが温泉もあり自然豊かな村だった。
白寿村には神社があり、近々祭りがあるらしい。
シシ神様を選び、猟師に扮した村人がシシ神さまを追い回す祭りだそうで、村長の千蔵や祭りの為に口元を隠している神主は、祭りを楽しみにしていてくださいと言うのだった。
その目はどこか粘着質で身体を嘗め回すような。各務の女性達を値踏みするような嫌な視線に皆感じていた。
各務達家族はすでに春日部達の罠に嵌っていた。
白寿村で行われる祭りの秘密とは何なのか、偏狭の地で天司達は、無事に村を脱出する事が出来るのであろうか?

☟DMMで購入する


ストーリー分岐式マルチエンディングのアドベンチャーゲームで、そのストーリーはありがちな内容で目新しさを感じないが、ゲーム中、天司と各務家族四人と視点が入れ替わる。
単純なストーリーだがキャラクターデザイン、CGの美しさでこのゲームの評価を著しく上げていると思う。
姉妹を庇ったり母親を庇ったりして家族を巻き込まない様にして自分が陵辱される姿に股間が熱くなる。
3姉妹のキャラ分けがハッキリされていて可愛く明るい妹、しっかりした美人の姉、ヒロインの要素を全て兼ね備えた様なヒロインの中のヒロインといった様な清純派な次女。
それぞれの姉妹が複数の男達に弄ばれる姿は必見である。
母親は、若くて綺麗で見た目的には長女と被っているが、性格的にはおっとりとしたしゃべり方で区別されている。
声は、女性がフルボイス。
Hシーンは36シーンでザーメン発射のCG差分が多く、一シーンが長く沢山の男に陵辱されている感や長い間陵辱されている事をうまく表現している。
そのザーメンは、下手なソフトハウスが作れば邪魔なだけだがヘルタースケルターは、美しい女性の邪魔をしない。
Hシーンを全て見る事は簡単で取り残しが起こる事はまずないと考えられる。
ストーリーがありがちと酷評したが世界観が悪い訳ではなく、トータルで考えるとA級作品と位置づけている、お薦めの作品です。
Guiltyは、陵辱系を中心にした作品ばかりでCGの良さから私が好きなブランドの一つで、難解なゲームはなく、良い意味で淡々とHシーンが見られる。
何作もプレイしているのでまたご紹介します。



原画
おりみや舞
シナリオ
乃美糸真夏葉

各務美雨
CV:松田理沙
各務吹雪
CV:一色ヒカル
各務春風
CV:風音
各務小夜子
CV:白井綾乃



☟DMMに移動する


見た事はないがアニメになっている様だ。
アニメ化をされるという事は人気がある作品の証明みたいな物で、ゲームの出来を測る根拠となると私は考えている。
アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
DMM GAMES 遊び放題
リンク
カテゴリ
広告
女神にキスを! イディオムガールΩ キルドヤR
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版) アダルトアニメ動画 アダルトアニメチャンネル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。