FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特命戦隊ユズレンジャー

特命戦隊ユズレンジャー
ソフトハウス:Anim

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『特命戦隊ユズレンジャー』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
触手物戦隊陵辱ゲームでプレイした筈だがほとんどゲーム内容の記憶がない。
記憶がないがタイトル画面でタイトルを声優陣がコールする演出があったのは覚えている。
もしお持ちの方でタイトルコールが無かった場合は私がプレイしたと勘違いの可能性がある。
『虐襲』と同じく触手系だがグロテスクな表現は抑え目で個人的には『虐襲』より好きなCGだと言える。
ただ乳首の大きさは健在で色は『逆襲』よりも薄い色を使っている感じはあるが、巨乳好きの乳輪が大き目の方向性は変わっていない。
身体が変化する表現や白目を剥いてトリップする様な極端な表現も減っていて一般的な趣味の人にも『虐襲』よりはお薦め出来る。
総評として普通のゲームという評価だが後はCGを自分の目で見て趣味に合うか合わないかの問題だと思います。

☟DMMで購入する


プレイはしていませんが『Anim』は『特警戦隊サイレンジャー』という作品も出しています。
敵の組織の名前が一緒なので続編作品なのか?
『特命戦隊ユズレンジャー』と『特警戦隊サイレンジャー』がパックになった製品もある様です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

虐襲

虐襲
ソフトハウス:Anim

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『虐襲』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、主人公である王は小国に攻め込んだ。
すんなり攻め滅ぼせると思っていた戦いだがユリアという女戦士によって窮地に陥るも一命は取り留めた。
復習を誓う王は逆襲を計画し準備を進めていく。
その逆襲は歪んだ愛情を孕んだ虐襲と言える物だった。
魔法少女系というか正確には女戦士の物語だがお決まりの触手物と言っていいだろう。
個人的には敵が人間(人間型)でもいいと思うのだが魔法少女系のバトル物では敵に触手が出てくる事が多い。
私も触手系は嫌いではないが『虐襲』は表現が過激すぎる。
『淫妖蟲』や『Knight & Princess』の様な過激で身体が変形してしまったりする激しい表現で、ヒロインも激しい責めによがり狂うHシーンが多かった。
女性キャラは普通小さな乳首が一般的だと思うがこの作品は乳首が大きくそれだけの違いで萎える。
好きなジャンルではあるが媚薬系のヒロインが感じまくるという演出とちょっとしたCGの違いであまり興奮出来ずに評価として普通のゲームと言える。
過激なヒロインがトリップする様な作品が好きな人にはお薦めです。

☟DMMで購入する


私は1しかプレイしていないですがシリーズ化されているのだからある程度の支持はあったのだと思います。
興味がある方は、ここには貼っていませんがパックもある様なので検索して確かめてから買った方が良いと思います。
アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
DMM GAMES 遊び放題
リンク
カテゴリ
広告
女神にキスを! イディオムガールΩ キルドヤR
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版) アダルトアニメ動画 アダルトアニメチャンネル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。