FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルプレイ

リアルプレイ
ソフトハウス:ILLUSION


『リアルプレイ』はCGや動くCGが編集出来、自分好みにカスタマイズ出来る編集ソフトのリアルスタジオとゲームとして5人のショートストーリーを遊ぶリアルプレイが別のシステムとして収録されている。
リアルプレイは全て陵辱系の内容で私好みの内容だが、CGを作りまくってプレイしたので絵に飽きがきており大して興奮しなかった。
『Good.Job』の『佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります』も同じだがまずゲームを先にプレイした方が良いと思います。
ゲームは、責める場所や内容を選びマウスを動かしたりクリックをしたりして女性を感じさせる事でゲージが貯まり次の責めに進む事が出来る。
オートで進む箇所もあるがずっとマウスを手放せない事になるので個人的にそういうずっと操作をし続けるゲームが嫌いで手放しでゲームが進んで欲しいと思っていてそういうゲームは抜きづらくあまり好きではない。

リアルスタジオのCGを作れるシステムはというとまず場所を設定する。
複数の場所から選び学校の教室なら学校の教室を選び箱庭に人を配置する。
人を配置する前や後でもいいがどの角度からか、引きで作るか、寄りで作るかという言ってみればカメラの位置を決める。
配置する人は大きく分けると男性と女性に分けられるが男性の種類は4人で服や髪型、顔の細かい表情をパーツ毎に変更する事が出来ないのでバリエーションが少ない。
女性は髪型、顔の大まかなタイプ、顔の細かい表情をパーツ毎に変更出来る事に加えて胸の形と乳首の色、服装や下着、陰部の毛の形や色を選ぶ事が出来る。
残念なのは胸の大きさは変えられず皆巨乳になってしまう事で、その関係からか顔のタイプもお姉さん系の顔ばかりで美少女系の顔の種類はない。

どの種類の人を配置するのか決めるとどの姿勢で配置するのかを決めて配置する。
例えば立ち姿や四つん這いなど多数の姿勢がある。
これも女性に比べたら男性の姿勢の数は少なく男性の姿勢が良いのがないと諦める事も出てくる。
人の配置にはX軸、Y軸、Z軸を元に移動させたり、また回転をかけて箱庭に違和感なく配置する。
既存の姿勢だけでは細かい表現をする事は出来ず手や足を動かす事が出来、肩と手首、足の付け根と足首と2つの動かす事の出来る支点がある。
ただこの移動は非常に難しく手や足がねじれた様に見える事もあるので設定を変えるのはお薦め出来ない。
手の形も握りやパーなど色々な形に変える事が出来、例えば男性器を握らせる事も出来るがこれも手の移動に関係しているので難しい。

他にも箱庭に道具が設置出来、道具の配置は人の配置とほぼ一緒で家具の様な大きな物からバイブの様な小さい物まで様々な物が用意されている。
例えば長机を新たに配置しその上に女性を寝転ばせたり、バイブを男性に持たせて女性器に入れている様にも設定出来る。
人の姿勢を決めて配置すると基本の服装を上着の半脱ぎや下着の破れや下着なしなどシチュエーションに合った服の付け外しを行える。
この設定も男性は服有りか全裸と女性に比べて上半身のみ裸などの細かい設定が出来ない。
その他の細かい表現でヨダレや体に掛かったザーメンなども少量から大量と段階的に付ける事が出来る。

CGだけでなく動画も作れる訳だが単純なCGだけでも非常に手間が掛かる事が分かって頂けたと思うが、そこに女性の動きと男性の動きを合わせるという作業がプラスされると非常に難しく面倒だ。
例えばバックで後ろから男性が突く動画を作る場合は用意された動くCGを選び上記の様に配置し、その後に男性が突いた時に女性が弾かれる様な動きを合わせる作業をしなければならない事になる。
その後音声も入れる事が出来るが私が挑戦したのはCGを作る事までで動画には手を出さなかった。

『リアルプレイ』はこういうハイレベルな事が出来る反面、用意されたゲームは面白くなくCGや動画を作るには色々な事が出来る分面倒臭く、イメージ通りに出来たとしてもその頃にはCGに飽きており自分で作ったCGで抜く事は出来ないと思う。
ゲームというより編集ソフトという感じで抜く為のゲームという感じでもなく、パソコンもハイスペックな物を使用しないとフリーズや処理スピードの遅さに悩まされる事になると予想出来る。
抜く為というより人にエロを提供するという意味のソフトとしてはお薦めです。

☟DMMで購入する

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

DES BLOOD3

DES BLOOD3
ソフトハウス:ILLUSION

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

15年以上前の作品だが、私が3Dゲームで有名なイリュージョンを始めてプレイしたのはデスブラッド3が最初だと思う。
ゲーム内容は、ストーリー部分と3Dマップ内の移動、敵が現れるガンシューティングゲームに分かれていたと思う。
色々と調べたが3のHシーンをまったく検索出来なかったし、内容も覚えていない。
ただ記憶では、Hシーンが3Dで動く種類と動かない綺麗なCGの2種類で構成されたA級の陵辱系ゲームという印象だけだった。
覚えているのは左クリックで弾を発射、右クリックでリロードし、マウスの移動で標準を合わせるというガンシューティングの部分で、ゲームとして楽しかった事を覚えている。
その後、4も発売され買ったのだがパソコンのスペックが低く、うまくゲームが起動しなかった。
その後手放し、パソコンを買い換えたので新たにプレイしようと買ったのだがまた動かなかった。
原因はよく分からなかった。
結局何が言いたいのかというと4を二回買うほど3は、よい印象だったという事を伝えたかった。
ちなみに、4はエクスプローラーでファイルを開くとゲーム内のCGを見られた。
そのCGは美しく、完全な陵辱系だった。
これまでで一番漠然とした内容だが始めてプレイしたイリュージョンの作品なので書かないわけにもいかないと思った次第です。

☟DMMで購入する


デスブラッド4のDVDPGです。
ガンシューテイングはどうなっているのだろうか?


アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
リンク
カテゴリ
広告
DMM GAMES 遊び放題
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
アダルトブック通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。