FC2ブログ

魔法戦士 Complete Disc 2

魔法戦士 Complete Disc 2
ソフトハウス:Triangle

☟FANZAで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます

『魔法少女Complete Disc2』は、魔法戦士シンフォニックナイツ、魔法戦士エリクシルナイツ、魔法戦士レムティアナイツの4作品がセットになったお得な商品です。
内容はというと以前紹介した『魔法少女スイーツナイツ 2』のヒロインや設定が変わった物と考えて頂ければ良いと思います。
内容は以前の記事を見て頂ければいいと思いますが総評として内容量が多くHシーンも大量にある分少しでも興奮できる場面を探そうと急ぎ目でプレイした感がありゲームとして楽しんだという事ではなかった。
そもそもTraiangleの作品はデザインは好きだがCGが違うというか私には趣味が合っていない。
後の作品でレベルが上がり良いCGに変わっていくのだがこの時点ではまだあまい。
CGの趣味が合う人にはHシーンの多さで楽しめる作品だと思います。

☟FANZAで購入する


FANZAで購入出来るのは現在3と4だけの様です。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

あしたの雪之丞

あしたの雪之丞
ソフトハウス:elf

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『あしたの雪之丞』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは男性も含めたフルボイスだったと思う。
ストーリーは、主人公である雪村雪之丞はボクシング部のスパーリング中、パンチをモロに入れてしまい幼馴染を意識不明の重体にしてしまう。
3ヶ月後のある日、ヒロインのせりなはナンパしてきた男達に人気のない工場に連れ込まれてしまった。
そこに現れた雪之丞はせりなを助けたが自慢の拳を使わず、男達にボコボコにされてしまう。
3日後、せりなは助けてくれた雪之丞と同じクラスになり再開するという学園が舞台のストーリー。

elfらしいキャラクターデザインで『同級生』や『下級生』を思い出させる流石のクオリティーでCGは色彩豊かで絵に立体感がある。
elfの作るストーリーについても好きだが如何せん恋愛ゲームで趣味が違いあまり興奮はしない。
ほんの少々無理やり系のHシーンがあった様な記憶もあるが完全な恋愛ゲームと言っていいと思う。
総合で普通のゲームと私は評価しているがそれは個人的に抜けないゲームとしての位置づけだが恋愛ゲームとしてはクオリティーが高く良いゲームだと思う。
それは、『あしたの雪之丞2』が発売された事やアニメ化された事からも分かると思う。
恋愛ゲーム好きの人はぜひ。
ちなみに私は、2をプレイしていません。

☟DMMで購入する



何も分かりませんがあしたの雪之丞1~4のアニメです。

リアルプレイ

リアルプレイ
ソフトハウス:ILLUSION


『リアルプレイ』はCGや動くCGが編集出来、自分好みにカスタマイズ出来る編集ソフトのリアルスタジオとゲームとして5人のショートストーリーを遊ぶリアルプレイが別のシステムとして収録されている。
リアルプレイは全て陵辱系の内容で私好みの内容だが、CGを作りまくってプレイしたので絵に飽きがきており大して興奮しなかった。
『Good.Job』の『佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります』も同じだがまずゲームを先にプレイした方が良いと思います。
ゲームは、責める場所や内容を選びマウスを動かしたりクリックをしたりして女性を感じさせる事でゲージが貯まり次の責めに進む事が出来る。
オートで進む箇所もあるがずっとマウスを手放せない事になるので個人的にそういうずっと操作をし続けるゲームが嫌いで手放しでゲームが進んで欲しいと思っていてそういうゲームは抜きづらくあまり好きではない。

リアルスタジオのCGを作れるシステムはというとまず場所を設定する。
複数の場所から選び学校の教室なら学校の教室を選び箱庭に人を配置する。
人を配置する前や後でもいいがどの角度からか、引きで作るか、寄りで作るかという言ってみればカメラの位置を決める。
配置する人は大きく分けると男性と女性に分けられるが男性の種類は4人で服や髪型、顔の細かい表情をパーツ毎に変更する事が出来ないのでバリエーションが少ない。
女性は髪型、顔の大まかなタイプ、顔の細かい表情をパーツ毎に変更出来る事に加えて胸の形と乳首の色、服装や下着、陰部の毛の形や色を選ぶ事が出来る。
残念なのは胸の大きさは変えられず皆巨乳になってしまう事で、その関係からか顔のタイプもお姉さん系の顔ばかりで美少女系の顔の種類はない。

どの種類の人を配置するのか決めるとどの姿勢で配置するのかを決めて配置する。
例えば立ち姿や四つん這いなど多数の姿勢がある。
これも女性に比べたら男性の姿勢の数は少なく男性の姿勢が良いのがないと諦める事も出てくる。
人の配置にはX軸、Y軸、Z軸を元に移動させたり、また回転をかけて箱庭に違和感なく配置する。
既存の姿勢だけでは細かい表現をする事は出来ず手や足を動かす事が出来、肩と手首、足の付け根と足首と2つの動かす事の出来る支点がある。
ただこの移動は非常に難しく手や足がねじれた様に見える事もあるので設定を変えるのはお薦め出来ない。
手の形も握りやパーなど色々な形に変える事が出来、例えば男性器を握らせる事も出来るがこれも手の移動に関係しているので難しい。

他にも箱庭に道具が設置出来、道具の配置は人の配置とほぼ一緒で家具の様な大きな物からバイブの様な小さい物まで様々な物が用意されている。
例えば長机を新たに配置しその上に女性を寝転ばせたり、バイブを男性に持たせて女性器に入れている様にも設定出来る。
人の姿勢を決めて配置すると基本の服装を上着の半脱ぎや下着の破れや下着なしなどシチュエーションに合った服の付け外しを行える。
この設定も男性は服有りか全裸と女性に比べて上半身のみ裸などの細かい設定が出来ない。
その他の細かい表現でヨダレや体に掛かったザーメンなども少量から大量と段階的に付ける事が出来る。

CGだけでなく動画も作れる訳だが単純なCGだけでも非常に手間が掛かる事が分かって頂けたと思うが、そこに女性の動きと男性の動きを合わせるという作業がプラスされると非常に難しく面倒だ。
例えばバックで後ろから男性が突く動画を作る場合は用意された動くCGを選び上記の様に配置し、その後に男性が突いた時に女性が弾かれる様な動きを合わせる作業をしなければならない事になる。
その後音声も入れる事が出来るが私が挑戦したのはCGを作る事までで動画には手を出さなかった。

『リアルプレイ』はこういうハイレベルな事が出来る反面、用意されたゲームは面白くなくCGや動画を作るには色々な事が出来る分面倒臭く、イメージ通りに出来たとしてもその頃にはCGに飽きており自分で作ったCGで抜く事は出来ないと思う。
ゲームというより編集ソフトという感じで抜く為のゲームという感じでもなく、パソコンもハイスペックな物を使用しないとフリーズや処理スピードの遅さに悩まされる事になると予想出来る。
抜く為というより人にエロを提供するという意味のソフトとしてはお薦めです。

☟DMMで購入する

黒よりも昏い青

黒よりも昏い青
ソフトハウス:LiLiM


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『黒よりも昏い青』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、まったく思い出せず検索しても分からなかったが巫女と化け物の争いの物語で触手陵辱がメインのゲームだったと思う。
キャラは可愛く拷問の様に沢山の触手が出てくる様な行き過ぎた表現はなく丁度良いラインの触手系ゲームだった。
データーベースの評価にはC、普通のゲームとなっていたがCGのHの構図が素晴らしくダークな世界観は今CGを見ても好きだが印象に残らないストーリーで綺麗なCGを活かしきれていないHシーンがすぐ終わってしまう様なゲームだったと思う。
DMMでCGを見られて趣味に合うようでしたらプレイしても損はしないと思います。

☟DMMで購入する


これはDVDPGでDMMにパソコンゲームの取り扱いはないようです。

RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~

RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~
ソフトハウス:Guilty


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。


『RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、女学園に教師として働くヒロインがフィアンセの借金により、一ヶ月だけ知り合いの学園に勤めるとフィアンセの借金を少なくしてやると勧められフィアンセの為と黒銅学園で働く事になった。
しかしそこは不良達が集まる荒れた学園だった。

『RIN×SEN ~白濁女教師と野郎ども~』のパッケージは紙の箱ではなくDVD映画などに見られるプラスチック製の箱で説明書なども簡易で値段を安く抑えたゲーム。
ストーリーも簡易でHシーンが淡々とやってくる抜きゲーといった感じだが、Hシーンが少ないという分けではなく十分にHシーンはある。
CGはGuiltyらしい陵辱感満載の綺麗なCGだが主な登場人物が二人と寂しいく、段々と飽きてくる。
総評として悪くはないが、廉価版として作られている分ストーリーに厚みがなく淡々とHシーンが見られるのは面倒臭くなくて良いがゲーム性は少なく感じる。
よって普通のゲームと言えるが私のGuiltyへの期待値が高すぎるとも思える。
値段の割には良いゲームと評価しても良い出来だと思います。

☟DMMで購入する

種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~

種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~
ソフトハウス:Guilty

☟DMMで購入する


プレイした事はありませんが追加パックがある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは陸の孤島での秘祭に巻き込まれる話でそう聞くとGiltyの『へルタースケルター』を連想させるが大筋で同系統の話と言って良いと思う。
どこが違うのかと聞かれればHの内容だと思う。
『ヘルタースケルター』よりHの内容がマニアックで変態チックな演出が多くノーマルの人には理解するのが難しい。
個人的には寝取りのシーンが良かったと思うがこれもノーマルとは言い難い。
CGはさすがGiltyというクオリティーの高い出来で『ヘルタースケルター』よりもより綺麗になっているが趣味の所で合わない部分が多くA級のゲームとは言い難い。
総評にしてB級に近いC、普通のゲームと言ったところだと思います。
CGを見て頂き私が言うマニアックなプレーがどの様な事を指しているのかを見て頂き趣味に合う様でしたらゲーム自体のクオリティーは高いのでお薦めです。


☟DMMで購入する


DVDPGと電子書籍がある様です。

サマヨイ淫夢校舎 ~こんなHな授業、ありえないっ!~

サマヨイ淫夢校舎 ~こんなHな授業、ありえないっ!~
ソフトハウス:TinkerBell

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『サマヨイ淫夢校舎』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、3人の女生徒がイヤラシイ事が書かれた古い昔のノートを手に入れた事で日常が変わっていく。
放課後になるとそのノートに書かれたイヤラシイ事が3人の身に現実の事として起こるようになった。
このノートは何なのか?
3人は現実とも夢の中ともわからない狂った学校の校舎をノートの呪縛から逃れる為に彷徨い歩くのだった。
ストーリーや世界観は◎で謎解きのストーリーはこれぞアドベンチャーゲームという様な王道の内容。
CGは綺麗だと思うがキャラデザインはキャラが丸みを帯びた独特な感じがあり、悪いとは思わないが一般的なデザインとは少し違うという違和感はある。
また、メインキャラが3人というのは少し寂しさがある。
Hの内容が無理やり系というより羞恥や調教系といった感じで陵辱系が好きな人には向かないと思う。
以上の事からレベルが高いストーリーながら独特なCGや調教寄りのHシーンの内容から総合的に普通のゲームと言える。
まったく陵辱系のシーンがない訳ではないのでCGが良いと思われる人は陵辱系ゲーム好きの人もプレイ出来ると思うが、調教系ゲームが好きな人にはお薦めします。

☟DMMで購入する


お得なパックもある様です。

正義の教室

正義の教室
ソフトハウス:Flying Shine


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『正義の教室』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、細菌兵器によって多くの人が死んだ世界で生き残った若者達の二つのグループは、学校にたどり着く。
お互い協力しながら過ごしていたが、ある日生き残った人達に向けたメッセージがラジオから流れ出し、新宿都庁に来る様に伝えてきた。
わざわざ危険を冒して行く必要があるのかとグループ間の対立が深まっていった。

『正義の教室』のストーリーはありがちの話ではあるが、世界観やストーリーは私の好きな部類だ。
しかし同時期発売の作品に比べてCGのレベルが低く、低いのにHシーンの背景のCGがブルーバックの様なその場所の絵が描かれていないシーンが多い。
それが費用を抑えるためなのか演出によるものなのかはよく分からないが、演出と思えばこの世とは思えないという様な淫靡な世界観を表現しているとも言えるが、私は臨場感というかリアリティーに欠けると感じ、悪い方向性だと感じた。
ストーリー(世界観)が良くてもCGのレベルが低いのであまり抜けない普通のゲームと言った所だが、女性キャラが変に感じる様な演出が無く正統の陵辱ゲームと言える。
CGを見て自分の好きなCGならばプレイしてみる価値はあるかも?

☟DMMで購入する

触祭の都


触祭の都
ソフトハウス:SYOKU

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『触祭の都』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、主人公が住む大都市を突如襲った震災に主人公は心配していた妹と無事に再会する。
途方に暮れる中、救出に着たであろう軍の隊員に出会うが隊員の体からは触手の様な得体の知れない物が生えていた。
恐怖を感じた二人はショッピングモールに逃げ込むとそこには生存者がいた。
生存者の運命は?あの触手が生えた化け物は何なのか?
生存者のサバイバルが始まる。

お決まりの触手物でハラハラドキドキの様なストーリーの良さはあまり感じなかった。
CGは綺麗だがキャラが特別良いとも言えないが、触手系の作品として行き過ぎた触手の多さやグロさがなく丁度良い仕上がりと言える。
Hシーンはキャラが最終的に白目を剥いて感じるという段々と狂っていくという表現が多く私の趣味ではなかった。
総評として普通のゲームと言えるが美少女が触手の責めに感じてしまうという表現が好きな人にはお薦めします。

☟DMMで購入する


私はプレイしていませんが『×× OF THE DEAD』というソフトとセットになったパックもある様です

御魂 ~忍~

御魂 ~忍~
ソフトハウス:Ciel

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『御魂 ~忍~』はストーリー分岐のアドベンチャーとロールプレイングが合わさったゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、鎌倉幕府が滅んだ後の南北朝時代。
それぞれの帝に使える忍び達は神器奪取の命を受け仲間達と旅に出る。
この作品も殆ど記憶がなく特にロールプレイング部分とそのバトル方法について記憶がない。
このゲームはキャラやCGの良さで私は購入した。
DMMで移動してCGを見て頂いたら分かる様に陵辱系のゲームに見えるがそれほどの陵辱感はなく、忍者物に良くある囚われての陵辱といった表現が少なく恋愛ゲーム寄りだった事を残念に思った記憶がある。
ゆえにC級の普通のゲームという評価だが抜けなくてもロールプレイング部分のゲームが面白ければB級、A級も付ける事はあるので内容を覚えていなくてもゲームが面白くなく、Hシーンを見る事の弊害になった様な記憶はある。
とは言えCGはレトロ感漂う今見ても綺麗なCGなのでCGが気に入った方はプレイされても損はしないと思います。

☟DMMで購入する


アニメ化もされています。

Fの封印

Fの封印
ソフトハウス:ガールズソフトウェア

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『Fの封印』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは大学のレポートの題材に巫女伝説がある島へ仲間と向かった主人公だったが、ある日仲間の一人が失踪しそれを境に次から次えと不思議な事件が起こり始める。
島に巫女という定番中の定番の題目だが、私がプレイしたのは間違いないが殆ど内容を覚えていない。
CGは綺麗で陵辱物と恋愛物と合わさった様なゲームだったと思う。
DMMに移動してCGを見て頂くと分かるがキャラが可愛く、触手の登場や複数の男性に襲われるシーンなど陵辱系の表現が良くCがだけを見るとA級のゲームだと思える。
しかし私のデーターベースではCの普通のゲームとしての評価だった。
予想でしかないが良いCGで評価が低いのは、Hシーンが短かくCGの差分が少なく抜くタイミングがないとか、ストーリーが悪いとかそういう事だったのだと思う。
プレイするかしないかは、CGを見て良いか悪いか本人の趣味に委ねるべき作品だと思います。

特命戦隊ユズレンジャー

特命戦隊ユズレンジャー
ソフトハウス:Anim

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『特命戦隊ユズレンジャー』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
触手物戦隊陵辱ゲームでプレイした筈だがほとんどゲーム内容の記憶がない。
記憶がないがタイトル画面でタイトルを声優陣がコールする演出があったのは覚えている。
もしお持ちの方でタイトルコールが無かった場合は私がプレイしたと勘違いの可能性がある。
『虐襲』と同じく触手系だがグロテスクな表現は抑え目で個人的には『虐襲』より好きなCGだと言える。
ただ乳首の大きさは健在で色は『逆襲』よりも薄い色を使っている感じはあるが、巨乳好きの乳輪が大き目の方向性は変わっていない。
身体が変化する表現や白目を剥いてトリップする様な極端な表現も減っていて一般的な趣味の人にも『虐襲』よりはお薦め出来る。
総評として普通のゲームという評価だが後はCGを自分の目で見て趣味に合うか合わないかの問題だと思います。

☟DMMで購入する


プレイはしていませんが『Anim』は『特警戦隊サイレンジャー』という作品も出しています。
敵の組織の名前が一緒なので続編作品なのか?
『特命戦隊ユズレンジャー』と『特警戦隊サイレンジャー』がパックになった製品もある様です。

虐襲

虐襲
ソフトハウス:Anim

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『虐襲』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、主人公である王は小国に攻め込んだ。
すんなり攻め滅ぼせると思っていた戦いだがユリアという女戦士によって窮地に陥るも一命は取り留めた。
復習を誓う王は逆襲を計画し準備を進めていく。
その逆襲は歪んだ愛情を孕んだ虐襲と言える物だった。
魔法少女系というか正確には女戦士の物語だがお決まりの触手物と言っていいだろう。
個人的には敵が人間(人間型)でもいいと思うのだが魔法少女系のバトル物では敵に触手が出てくる事が多い。
私も触手系は嫌いではないが『虐襲』は表現が過激すぎる。
『淫妖蟲』や『Knight & Princess』の様な過激で身体が変形してしまったりする激しい表現で、ヒロインも激しい責めによがり狂うHシーンが多かった。
女性キャラは普通小さな乳首が一般的だと思うがこの作品は乳首が大きくそれだけの違いで萎える。
好きなジャンルではあるが媚薬系のヒロインが感じまくるという演出とちょっとしたCGの違いであまり興奮出来ずに評価として普通のゲームと言える。
過激なヒロインがトリップする様な作品が好きな人にはお薦めです。

☟DMMで購入する


私は1しかプレイしていないですがシリーズ化されているのだからある程度の支持はあったのだと思います。
興味がある方は、ここには貼っていませんがパックもある様なので検索して確かめてから買った方が良いと思います。

PINUP GIRL

Pinup Girls
ソフトハウス:LIBIDO

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『Pinup Girls』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームで時折ミニゲームがあったと思う。
『Pinup Girls』は『恋愛組曲』とほぼ同じ内容もしくは『恋愛組曲』にストーリーを追加したものだと思われるが、LIBIDOのホームページでは一括りにされて紹介されていて詳しくは分からなかった。
ストーリーはほとんど覚えていないが、事故で入院した先輩に代わり女性ばかりのバンドに加入したという主人公目線のストーリーだったと思う。
CGは綺麗で20年近く前の当時に“ズバ抜けて綺麗なCGだな”と思って買ったゲームで今見ればCGというより水彩画の様なCGに見える。
CGは今見ても好きなのだが評価として普通のゲームだと私のデーターベースに書いてあった。
パッケージの爽やかなイメージとは裏腹に浣腸や3穴同時挿入などバッドエンド的な演出があり“CGの良さや過激な内容にしてみては評価が低いな”と考えてみるとボイスが無かったのが原因と思われる。
アリスソフトなどはゲームとして楽しいしCGも綺麗、Hのプレイ内容など非常に良いゲームばかり作っているが抜けるかと言えばそんなに抜けない。
それはアリスソフトの大半が音声が無い作品ばかりで良いゲームでもボイスが無ければ個人的には興奮出来ず、1ランク、2ランク下の評価になる。
『Pinup Girls』はCGが奇麗なのでボイスがない作品でも興奮するという方にはお薦め出来る作品です。

☟DMMで購入する


『恋愛組曲』はプレイしていないのでよく分かりません。

サンダークラップス!

サンダークラップス!
ソフトハウス:colors

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『サンダークラップス!』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、架空の世界でのお話でオフビートと呼ばれる超能力者が溢れ力を悪に使うオフビートと悪と戦う正義のオフビートに分かれていた。
ある日主人公の誠がデパートに買い物に向かうと悪のオフビート集団マシーンメナスが現れ女性達を陵○し始めた。
新たに女の子に襲い掛かろうとするオフビートに彼女を助けたいと思い庇ってしまった誠。
オフビートの怒りを買い超能力で攻撃される誠。
彼女の運命は!?
人気があった『魔法少女アイ』の『colors』が作った作品でCGのタッチは変わらず、お馴染みの触手なども健在の作品だ。
今回検索して気付いたが小説が原作になっておりゲームの方が後から出来たと知った。

ゲームはHの表現が『魔法少女アイ』より変態チックでよがり狂う感じのシーンが多かったと思う。
陵辱から入ってキャラの表情が変わり結局感じてトリップしてしまうという表現が多く私の趣味ではなかった。
ヒロインが巨乳のお姉さんキャラなので『魔法少女アイ』の様に少女が主役ではないのでキャラデザインは一緒だが世界観はまったく違うと感じる。
もうちょっと普通のHシーンが多ければB判定で良いゲームでも良かったが上記の様に特殊なH表現で普通のゲームという判定だがまったく良いシーンがない訳でもないので『魔法少女アイ』のCGが好きな方はプレイしても損はないと思います。

☟DMMで購入する


これが原作の小説の様です。
言っちゃあ悪いが小説の挿絵の方が良い。

輪[妹]姦-傷モノの妹-

輪[妹]姦-傷モノの妹-
ソフトハウス:RaSeN

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『輪[妹]姦-傷モノの妹』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
タイトルは違うが『傷モノ・・・』と付くのは一応シリーズになっているのだと思う。
ちなみに私がこのシリーズでプレイしたのは『輪[妹]姦-傷モノの妹』だけである。
ストーリーは、双子の姉つばめが好きな男性に双子の妹紗雪が先に告白してしまい恨みを募らせたつばめは同級生の男子達に妹を陵辱させようと企むという学園が舞台の完全陵辱物のゲームである。

『RaSeN』は陵辱の専門と言っても良い過激な作品が多い。
近年では陵辱プラス暴力的な要素が増えておりまた、腹ボテなどのマニアックな表現が増えている様に思う。
そういう作品を見ると私はまだまだ普通の性癖だなと思うのだが『輪[妹]姦-傷モノの妹』は近年の『RaSeN』の作品よりは一般向けの作品と言える。
スートリーは単純で特別な物ではないがCGなど暗いシリアスな世界観を意思して作られているのだと思う。
キャラは可愛く、無理やりされる表情が悲壮感を生み新しい作品でも同じような画風で一貫しているのが分かる。
『RaSeN』は女性に精子が掛かった表現が多く、ぶっかけが好きな私には良いのだがただ全体の作品を通して精子が水っぽい(透明な)のが個人的には残念な所だ。

総評として『RaSeN』が好きな方にはどの作品も一貫して同じ世界感なのでどの作品をプレイしても楽しめると思う。
プレイされていない方はぶっ飛んだプレイが少なめなので最近の作品よりはお薦め出来る。
恋愛ゲームや新しめの『RaSeN』の暴力的表現が好きな方には合わないかもしれないです。

☟DMMで購入する

乙女恥曝遊戯

乙女恥曝遊戯 ~Disgrace Return Play~
ソフトハウス:Guilty

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『乙女恥曝遊戯 ~Disgrace Return Play~』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
ストーリーは、主人公が所属する生徒会で生徒会長の七緒を中心に性的虐待を受け家に引き篭もってしまった。
そんなある日、ネットで知り合った『彼』と言う謎の人物の言葉に七緒達への復讐を決意し実行していくというストーリー。
ストーリーは、苛めへの復讐という王道の話でズバ抜けたストーリーではない。
個人的に『Guilty』のCGは過激でキャラの表情やザーメンの表現などが好きで、暗いイメージのCGがよりシリアスなストーリーを際立たせる事に一役買っている。
話も陵辱系の話しで好きなのだが、ただ陵辱と言っても話のきっかけともなる主人公への性的虐待を行える様な性に躊躇がない女性が主人公に犯される事に無理やり感や“清純な女性が!”の様な感覚がぶっ飛んでしまい、私の中でずっと引っ掛かり盛り上がりに欠けた。
そいう事も関係して私の評価ではC級の良くも悪くもない普通の作品という評価になってしまったが、生意気な女性を屈服させるという感じの作品が好きな方には全体的なクオリティーが高いので良いゲームとして楽しめる作品だと思います。

☟DMMで購入する


見た事がないので評価は出来ませんがアニメがある様です。
やはりアニメ化もされる程の人気はあったという事でしょう。

背徳の学園

背徳の学園 -淫靡に魅入られた乙女たち-
ソフトハウス:Liquid

☟DMMで購入する

上記はディレクターズチョイスパッケージだそうです。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『背徳の学園 -淫靡に魅入られた乙女たち―』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは、主人公が学園を舞台に黒魔術を使って女生徒や女教師を調教して思い通りに操っていくという陵辱ゲームというよりは調教ゲームだと思う。
ストーリーは単純でありがちな内容だが、CGの絵が暗めで世界観がよくHの表現が多岐にわたる。
キャラの絵が似ているのが悪い点に上げられると思う。
Hシーンが多く、簡単にHシーンが見られる抜きゲーの部類に入れていいと思う。
ボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
予断だが『Liquid』は私の好きな陵辱系ブランドだったがインターネット認証を取り入れたので昔インターネットを使っていなかった私は『Liquid』の作品をプレイ出来なくなった。
私が紹介している『Liquid』の作品のはインターネット認証がなかった頃の作品ばかりである。
総評として『背徳の学園』はHシーンが多くCGの表現が良いB級の良いゲームといえる。
『背徳の学園2 -魔女たちの淫祭り―』も発売されているが私はプレイしていないのでよく分からない。

☟DMMで購入する

同級生

同級生1,2
ソフトハウス:elf

☟DMMで購入する

 


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『同級生』は、2Dマップを移動するシュミレーションゲームの要素とストーリー分岐式のアドベンチャーゲームを合わせた様なゲームでラストはマルチエンディング方式のゲーム。
ストーリーは、学生の主人公がナンパ資金調達の為にアルバイトに明け暮れ、残りの夏休みをナンパをする為に街や学園を歩き回るというナンパゲーム。
そう書くと女性をとっかえひっかえナンパする節操のないゲームに思えるがちゃんとした恋愛ゲームです。

昔からelfはCGに秀でていたし、マップ内を歩き回るシステムもゲームっぽくて面白い。
時間の概念があり、この時間には誰々はこの場所にいるという仕組みで会うことによって話が進んでいく。
会って話をする事でデートに誘うなどの選択肢を選ぶ場面も出て来て恋愛が進んで行く。
複数の女性キャラが登場する訳だが1プレイに複数のキャラとH出来ず、1プレイに一人とのHというシステムだったと思う。
一回で遊び終わらず何回も遊べるゲームだと言える。
Hは恋愛ゲームなので不良が出て来て犯されるなどのH表現はなかったと思う。
私は陵辱系ゲームが好きだが『同級生』は楽しくプレイ出来た。
『同級生2』もある訳だが1の印象から私は引き続きプレイした。
ゲームタイトルは一緒だがゲームシステムを引き継いで登場人物は代わり、ストーリーの繋がりはなかったと思う。
私の印象ではキャラデザインは2の方が良く、1より興奮出来た。

DMMを見るとCGがリライトされた『同級生オリジナル版【Windows10対応】 』が2017/10/10から配信開始となっている。
CGはもちろん綺麗になっている訳だがCGに古臭さというか“昔っぽいな”という印象は拭えないが昔プレイした私の様な人は、“もう一度プレイしたい”と思う方もいらっしゃるのではないかと思う。
私も懐かしさと共にそう思ったが、それは非常に良いゲームだという事でプレイした事がない方は、美少女恋愛ゲームの元祖とも言える『同級生』をプレイしてみてはいかがでしょうか?

☟DMMで購入する


アニメ化もされており、これ以外にも沢山種類が出ていて全種類は貼らないが、興味がある方はDMMに移動してご確認ください。

魔法戦士スイートナイツ

魔法戦士スイートナイツ2 ~メッツァー叛乱~
ソフトハウス:Triangle

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『魔法少女スイートナイツ2 ~メッツァー叛乱』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームで時おりコマンドを入力しての戦闘シーンがある。
もちろん1からある訳だが私は2からプレイした。
1をプレイしていなくても話が分からないという事はなかった。
そのストーリーは、悪の組織ゼーロウを裏切ったメッツァーとココノは長い眠りから覚めゼーロウ乗っ取りを始める。
そこに現れたのはスイートナイツの4番目の戦士だった。
私の記憶が確かなら主人公、プレイヤーが動かす側が敵側のメッツァーだったと思う。
そして戦いに勝ってスイートナイツを陵辱していくといゲームだったと思う。
肝心のHシーンはキャラデザインやコスチュームが可愛いいので好きだがCGのクオリティーが少し低く使っているカラーが少ない感じで、ベタ塗りでCGの良さである影を利用した立体感という物を個人的に感じない。
それりに加えHシーンの犯されている所を魔法戦士本人が実況、説明している感じでその方向性は同じ系統のゲームでも使われ定番になっている。
私はこの演出が嫌いで個人的には陵辱感が嘘っぽく感じる。
犯されているのにその状況を実況しているなどあり得ないという考え方で悲壮感がなくなり、調教感が出てくる。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。
総評として戦闘部分は面白いとは言い難いがキャラは可愛くコスチュームデザインも良く正統派の魔法少女系ゲームだと思うが、CGの色使いとHシーンの演出に難はあるが、構図やシュツエーションは悪くないと言える。
私の評価ではB級で普通のゲームだと言えるが魔法少女本人がHシーンを解説する様な演出やCGのクオリティーが気にならなければA級のゲームだと評価する人も多いのではないかと思います。

☟DMMで購入する


エンジェルブレイド

エンジェルブレイド
ソフトハウス:デジアニメコーポレーション

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『エンジェルブレイド』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
検索してみるとアニメもあり、“知らなかったがアニメ化もされたのか”と思っているとアニメが先で後から発売されたのがゲーム版という通常と反対の順番だった事が分かった。
ストーリーは、突如現れた浮遊城から悪の組織ダークマザー率いる悪の軍団が女性達を狙い悪の限りを尽くしていた。
しかし正義の味方エンジェルブレイドが現れダークマザーも手を焼き始めた。
ダークマザーは何らかの因果関係がある学園に便利屋のKAZIを雇い怪しい女性達を調べていくというストーリーでKAIZIがゲームの主人公だがアニメでは違うらしい。
Hシーンや変身シーンがアニメだったと思うがほとんど何も覚えていない。
覚えていないがエンジェルブレイド(ヒロイン)は豊満でどこか熟女系のゲームをしている様な気分になってあまり私の趣味ではなかったと記憶している。
ボイスは女性キャラの声はあったが、もしかしたら男性キャラもあった様な気もするが記憶が定かではない。
私のデーターベースではC判定の普通のゲームと評価しているがHシーンの印象を覚えておらず何とも言いがたいが、普通の魔法少女系の可愛らしいキャラが好きな人には合わない。
セクシーお姉さんが主役だしダークマザーなどの登場キャラもセクシー系の人物が多くそういう趣味の人には良いと思います。

☟DMMで購入する



アニメは見た事がないので良いのか悪いのか分かりません。

クライミライ

クライミライ
ソフトハウス:Flying Shine

☟DMMで購入する



続編やインスパイアされた別の作品もある様です。
全部買うよりパックがお得か?

※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『クライミライ』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは悪い噂が絶えない学園の謎のクラブ『心療クラブ』に興味を持った自称ジャーナリストの主人公の女生徒が調査を開始し、クラブが主催するパーティーに潜入した事からクラブ側の罠に陥っていくというストーリーで、ありがちな陵辱ゲームで盛り上がるストーリー展開などもなく淡々とHシーンを見られる抜きゲーといった感じだと思う。
CGはキャラが可愛く、劇画タッチでも萌え系CGでもなく丁度良い表現で期待していた。
評判も良く、ジャケットの絵と裏のあらすじを読むと正統派の陵辱ゲームと思っていたがHの方向性は調教ゲームに近く、キャラがコスプレ服に着替えさせられるのも“普通自分から着替える訳がない”と陵辱される前の女性が自分から着替える訳がなくその演出にガッカリさせられた。
ボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
アニメ化もされた人気があったゲームだがHシーンが調教よりで私の好みではなく評価として普通のゲームと言った感じで、プレイしたのも一作目だけでその後のシリーズはプレイしなかった。
キャラデザインやCGのダークな感じは良い印象で調教系の簡単にHシーンが見られるゲームが好きな方にはお薦め出来ます。

☟DMMで購入する

 
アニメは見た事はありませんがパッと見、ゲームより調教色が強そうですね。

GUN-KATANA

GUN-KATANA
ソフトハウス:BLACK Cyc

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『GUN-KATANA』は、シューティングゲームとストーリーが展開するアドベンチャーゲームを合わせた仕様になっている。
ストーリーは、人類と酷似した謎の生命体と戦う極秘戦闘組織に所属した姫菜の戦いを描いている。
ゲームはストーリー部分が終わるとシューティング部分に突入するのだが、マップ画面でどこの場所で戦闘するのかという選択が出来たと思う。
シューティングと言っても3Dマップ内で続々とキャラに群がってくる敵を拳銃と刀で攻撃するという物でそれをシューティングと言い切っていいのかという根本的な疑問がある。
マップの移動はキーボードのボタンで、マウスで左クリックで弾を発射、右クリックを押したままドラッグで画面に刀キズのような絵が出てくる。
3Dマップ外で右クリックを押せば拳銃に弾を装填するという感じだったと思うが、あまり記憶がないので何となくこんな感じという程度に思っておいて頂きたいが、左手でキーボードを使いキャラを移動させ、右手でマウスを弄り敵を攻撃するという忙しい操作方法だった。
マップ内の敵は大量におり、それがキャラのいる場所に集まってくるという戦いでとにかく忙しく難しいが難易度設定があった筈。
銃や刀で殺せずキャラに触れた(攻撃)場合ライフが減っていくとい仕組みだったと思う。
その頃ロースペックのパソコンでプレイしていたので迫り来る敵がポツポツと止まりゲームしづらかったのを覚えている。
CGは綺麗な劇画タッチと表現すればいいだろうか、リアルで恐ろしい感じの絵だがもう少し可愛げのある絵にした方が一般受けはするだろう。
CGは無理やりっぽい陵辱系のCGに見えるが意外とそうではなく、感じてしまうという表現が多かったと思う。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思うが男の娘が出て来るので厳密には違う。
ちなみに『BLAK Cyc』は男の娘がよく出てきて『BLAK Cyc』の特徴と言っても良いと思う。
評価として普通のゲームだと思いますが、ストーリーはシリアスでゲームもハイスペックなパソコンを使えば楽しめる、CGは綺麗だが好き嫌いがあり、CGのイメージよりは無理やり感は薄く調教よりの表現が多かった。
この辺りを参考にプレイするかしないかといった判断にして頂ければ幸いです。

☟DMMで購入する


他のソフトも含まれたパックがある様です。

町ぐるみの罠 ~白濁にまみれた肢体~

町ぐるみの罠 ~白濁にまみれた肢体~
ソフトハウス:SYRUP

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『町ぐるみの罠』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは、主人公がやっと見つけた教師の職に就く為、引っ越した町で陵辱の限りを尽くされる陵辱ゲーム。
ストーリーは単純で淡々とHシーンを羅列される陵辱ゲームといえる。
CGは綺麗でキャラは可愛く、2009年の萌えゲーアワードエロス系作品賞金賞を受賞したのも頷ける。
Hシーンは段々と感じてしまうという調教系のテーストも少し感じるが完全な調教ゲームという感じでもない。
Hシーンが非常に多く、その分ストーリーに重厚さがない完全な抜きゲーと言える。
Hシーンが多い割には登場人物が少ないのは残念な部分だと個人的には思うが、その分Hシーンがマンネリに感じない様に電車での痴〇や風呂場でのプレイ、ホームレスとのプレイなど工夫が見られる。
ボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
私的にはストーリーが単純で悲壮感を感じないHシーンで普通のゲームという印象だが、CGは綺麗でキャラは可愛らしくHシーンが多い。
ストーリーに興味がなくHシーンがバンバン見たいという人には、良いゲームだと思う。
その証拠がエロス作品賞金賞といった所だろう。

☟DMMで購入する


アニメ化もされており、ここには載せていないが小説にもなっていて人気のほどが窺える。

鬼神楽

鬼神楽
ソフトハウス:Studio e・go!

☟DMMで購入する


『鬼神楽』が入ったパックもある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『鬼神楽』はストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャー部分と、マップ内を移動し敵を倒すというシュミレーション部分とに分かれるゲームで、それを交互に繰り返す。
ストーリーは、家族の仇を追う卓がついに仇の鬼を追い詰めるが返り討ちに合い、突然現れた巫女の姉妹と共に戦うが鬼に傷を負わせながらも逃げられてしまう。
その戦いの中で卓は鬼人化してしまい共に戦った巫女姉妹に襲い掛かろうとするのだった。

『鬼神楽』は、名前こそ違うが『夏神楽』の続編で主人公とヒロインの姉妹は代わっているが以前も登場したナツや音羽葉子も登場しているが『鬼神楽』からプレイしても話が見えないというほどの続編感はない。
ゲームの内容は、シュミレーション部分でのキャラがレベルアップをするなど多少の変更はあるが基本的な戦い方は前作の『夏神楽』と大差ないと感じる。
前作に引き続き妖怪によって姉妹のどちらかが倒されると陵辱Hシーンとなるのは変わりないが、主人公が血を沢山浴びる事によって鬼人化し仲間である二人に襲い掛かるというHパターンが増えている。
妖怪に襲われた姉妹は前作と同様、主人公の精液で浄化しなければならないというHシーンがあるが前作と違い、妖怪に汚染された箇所が複数に分かれているが治療は一日一箇所しか出来ない。
このゲームには隠されたパラメータがあり、治療をするかしないかなどで数値が変わりゲームのストーリー分岐に関係があるらしい。
ボイスは、主人公を含めたフルボイスだったと思う。
個人的には前作との違いはあまり感じていない。
それは前作同様の良い評価のゲームという意味でCGは綺麗で陵辱Hシーンの表現力が高く、主人公の鬼人化のシーンもプラスされてより陵辱よりのゲームになったと思う。
“汚染された箇所が複数に分かれた”と書いたが、ありていに言うとアナルが増えたという事で、治療で主人公がアナルで中出しSEXをするという事で治療も過激さをまし、総合的には前作を上回る出来になったと思っている。
(うろ覚えなので前作で既にアナルを治療するという行為があったのかもしれません)

☟DMMで購入する


電子書籍もある様です。

夏神楽

夏神楽
ソフトハウス:Studio e・go!

☟DMMで購入する


神楽シリーズが4本セットになった商品がある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『夏神楽』は分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャー部分と、マップ内を移動し敵を倒すというシュミレーション部分とに分かれるゲームで、それを交互に繰り返す。
ネットでこのゲームは分岐部分がないという記述を見つけたが、恋愛Hシーンで中出しと外出しの選択が出来る部分があったと思うがそれはストーリーに影響を与えないという意味だと思われる。
ストーリーは、神職見習いの主人公幹也と共に神社で暮らす姉妹と神様ナツと神様を守る葉子とで織り成す妖怪退治のストーリー。
シュミレーション部分の戦いの部分では、幹也と姉妹の桂香、初花の三人しか登場せず、幹也は戦闘能力はないが仲間の妖怪を召喚出来る力を持つ。
マップにある霊脈から敵が現れその霊脈を浄化しながら戦いを進める。
仲間の妖怪も含めてユニットの能力(属性)が異なるので戦いに戦略性が生まれて楽しい。
主要キャラ三人が全員敗れればゲームーオーバーで敵を全滅かマップ内の霊脈を全て浄化すればクリアとなる。
姉妹のどちらかが敵妖怪に倒されればその妖怪のキャラによる陵辱Hシーンが発生する。
私はクリアを目指すよりHシーンの回収を先に行う訳だが意図せず既に見た事のあるHシーンの妖怪に倒されたりする事がある。
そうなると目的のHシーンを見られず、シュミレーション部分は面白いのだがHシーンを見るという目的でプレイすると面倒くさいと感じる事がある。
姉妹が汚されてマップをクリアすると姉妹の身体を浄化しないと妖怪の子を孕んでしまう。
主人公の幹也は姉妹を清める能力があり、姉妹を身体の中から浄化する。
要は中出しSEXで姉妹は、恥ずかしがりながらも感じてしまうという表現だったと思う。
それと終盤に恋愛Hもあるので大きく分けると妖怪に無理やり、浄化の儀式、恋愛Hの3種類に分けられると思う。
そう説明するとナツと葉子のHシーンはなさそうに思うが、ちゃんとしたHシーンが用意されているが、戦闘に参加する姉妹と比べれば圧倒的に少ない。
ボイスは、主人公も含めたフルボイスだったと思う。
総評として浄化や恋愛Hシーンもあるが割合として妖怪に無理やり犯されるというHシーンの方が多かったと思う。
そのHシーンはCGが綺麗で段々と感じてしまうという様な感じではなく、悲しい感じでその儚い表現が良く、陵辱ゲーム好から言えばA級の良い作品だと思う。
一般向けに恋愛や浄化Hシーンがあるが個人的にはなくてもよく、その分妖怪とのHシーンを増やせばS級(最上級の評価)を上げても良い作品だと思いますが、『Studio e・go!』は美少女ゲームの王道は外さないようだ。

☟DMMで購入する


こちらは、でぼの巣製作所名義でリニューアルされた『夏神楽』です。
私がプレイしたのは『Studio e・go!』の古い作品ですので新しい作品とブログの内容は大幅に違うかもしれません。
買うならやっぱり新しい作品の方が良い?

IZUMO3

IZUMO3
ソフトハウス:Studio e・go!

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『IZUMO3』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャー部分と、マップ内を移動し敵を倒すというロールプレイング部分とに分かれるゲーム。
私は、1,2とプレイした訳だが発売順で言えば2の次は『IZUMO零』が発売されている様だ。
3の後が『IZUMO4』が出ているが『IZUMO4』で萌えゲーアワード2015ゲームデザイン賞を受賞している評価されたゲームだが私はプレイしていない。
1,2と別々の記事にしようと思ったのは2とはゲームの内容が大きく変わっているからだ。
まず、ストーリーは学園に通う主人公の駆は病弱な妹の元に毎日訪ねる優しい青年だったが学園では周りから不良と思われ友達がいなかった。
そんなある日、偶然知り合ったなつみに新聞部に誘われ強引に入部させられてしまった。
だんだんと友達が増えていく中で周りに起こり始めた奇怪な事件に巻き込まれていく。

世界観はそのままに新たな主人公が登場し、3だけをプレイしても問題ない前作と繋がり薄いゲームだと思う。
大きく変わったのがロールプレイング部分でマップが3D化している点でマップに高低差があり、マップ内にいる化け物に触れると戦いに突入する。
戦いの場面でも3D化した絵に変わっている。
変わっていると言っても『IZUMO零』をプレイしていないので本当に3から変わったのかは定かではない。
無意味に多かった勾玉(属性)の種類も減っており、キャラにはそれぞれに属性があり、バトル画面左上に表示された五芒星の図に従って敵に攻撃が当たると大ダメージを与えられるという工夫が施されている。
DMMに移動すればマップやバトル部分のCGもあるので興味がある方はご覧ください。
Hシーンは、何か特別に方向性が変わったという事はないが1と比べると格段にCGが綺麗になっており、精霊などの登場するキャラの人数が増えているのは良い点と言える。
ボイスは、主人公を含めた男性も喋るという方向性は変わっていない。
総評としてロールプレイング部分のクオリティーが上がっていて楽しく、HシーンのCGがより綺麗になり万人が楽しめる良い作品だが1,2が恋愛ゲームだと言った様にその方向性は変わっていないので陵辱系ゲームが好きな人には根本的な趣味が違うので性癖的には合わないと思います。

☟DMMで購入する


パックもある様です。

IZUMO1,2

IZUMO1,2
ソフトハウス:Studio e・go!

☟DMMで購入する


IZUMOのシリーズが揃ったパックもある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。
リクエストを頂いたのでいつもより詳しく書きましたので多少のネタバレが含まれます。

『IZUMO』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャー部分と、マップ内を移動し敵を倒すというロールプレイング部分とに分かれるゲーム。
ストーリーは、主人公のヒカルが妹や後輩達と楽しく学園生活を送っていたある日、大地震に襲われ気づくと学園は魔物の巣となっていたとうストーリー。
上のストーリーで言うとゲームは、楽しい学園生活をアドベンチャー部分でストーリー分岐を選びながら話が進み、「魔物の巣となっていた」でマップ内を移動し敵を倒すというロールプレイングに変わる。
これを交互に繰り返すというゲーム。

戦いはグループ戦でキャラによって剣や弓など、持っている武器が違う。
マップの最後にはステージボスとして精霊がおり、倒すことで強力な勾玉が手に入る。
勾玉とは敵を倒したり宝箱から手に入れる事が出来、武器に装備する事で力を発揮する。
簡単に言えば属性で装備している勾玉は敵を倒すことでレベルも上がり、レベルが上がると強力な攻撃が出来る様になる。
勾玉はエグイぐらい種類が多く「こんなに必要か?」と思うが多い分ゲームが面倒になるという事ではない。
精霊の持つ勾玉は特別で精霊を倒す事で手に入り、精霊は完全な悪ではなく『契約』する事で精霊の持つ力を借りた強力な呪文を使える様になる。
『契約』とは美少女ゲーム特有の例のあれである。
ちなみに勾玉は『IZUMO』シリーズに全てに登場するアイテムでこのシリーズの特徴とも言える。

このゲームのHシーンは化け物も出て来て陵辱系ゲームと思いきや主要キャラとの恋愛ゲームが主でHシーンはラブラブなHが多く、化け物に拘束されてというシーンはまったくない訳ではないが少なめ。
CGは綺麗で特にキャラの髪はベタ塗りではなく一本一本が細かく書かれているし、敵の蜘蛛の糸など緻密に書かれているという印象で影をちゃんと付けているのでCGに立体感がある。
そのCGの綺麗さは、当たり前だが新作が出るたびにレベルが上がっていく。

今回『IZUMO』を書こうとした時に私のデーターベースで確認した所『IZUMO』をプレイした事は書いてあるが何作目をプレイしたかを書いていなかった。
パッケージやDMMの公開されているCGを見て思い出す訳だが、CGを見てもどれをプレイしたかがよく分からなかった。
何が言いたいかと言うとCGは綺麗だがキャラの絵が似ていて、自分がプレイした物がよく分からない程似ていると思う。
欠点をあえて挙げるとすればその一点だけだろうと思う。

私はよくCGを確認し1,2,3をプレイしていると思い出した。
私の記憶では1と2は大してゲームの仕組みは変わっていなかったと思うので一まとめにして書いてみた。
1と2は主人公も代わり、2からプレイしたら話が見えないというほどの続編感はないがまったくの別の話という訳でもない。
ボイスはどちらかと言うと珍しい主人公の男性も喋るという、男性も女性も含めたフルボイスだったと思う。

総評として私のデータベースではC、普通のゲームとなっているがそれは無類の陵辱ゲーム好きが評価すると普通のゲームとして落ち着いているが、ストーリーは神話を元にしてあり世界観がよく、面倒に思われがちなロールプレイング部分も楽しくゲームとして成立している。
CGはレベルが高く綺麗で、主要女性キャラプラス精霊の登場で“同じキャラのHシーンばかり見てるな”というような飽きるという事もない。
美少女ゲームを初めてプレイされる方に最初にお薦め出来る良いゲームだと言えるが、私の様に過激な表現が好きな人には化け物との戦いと聞いた印象だけでプレイすると物足りないという人もいるのではと思います。

※1,2の違いという点では明確な情報を思い出せず、特に戦闘の部分ではCGを見る事が出来ず間違いもあるかもしれません。

☟DMMで購入する


アニメ化されるほど人気があったゲームでここには貼っていませんが全五巻あり、多少カットされている部分はありそうだが買うならBEST版を購入した方がお得か?

少女戦機ソウルイーター

少女戦機ソウルイーター
ソフトハウス:ルネ

☟DMMで購入する


パックもある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『少女戦機ソウルイーター』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲームで『戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」 』を手掛けたルネの作品。
ストーリーは、主人公が犯罪組織に囚われた姉を助け出そうとする中で出会った少女に犯罪組織から奪った新兵器を託し、その少女が犯罪組織と戦うというストーリー。
ハッキリ言ってこういう魔法少女系の悪と戦う系の話ではストーリで差別化を図るのは難しく『少女戦機ソウルイーター』も特にストーリーが良いとは思わない。
キャラのコスチュームは、かっこいい系だと思うがヒロイン自体は可愛らしいロリ系だと思う。
CGは綺麗で戦闘シーンに力を入れていると思うが、Hシーンは段々と感じてしまう快感流され系のシーンが多かった様に思う。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思うが定かではない。
総評として折角シリアスなストーリーで作っているのに最後のHシーンでヒロインが感じて流されるという実際にはあり得ない設定で、私の趣味ではない。
そういう所で普通のゲームという評価だが、調教寄りの段々と感じるヒロインが好きな方にはお薦めです。

☟DMMで購入する


私は、見た事がないがアニメ化や書籍化もされている様です。
そんなに人気があった作品なのか?

操心術

操心術
ソフトハウス:STUDIO邪恋

☟DMMで購入する


『操心術3』追加キッドもある様です。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『操心術』ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
私は、1、2はプレイせずに『操心術3』をプレイした。
要は薬を利用した催眠術な訳だがある時期、催眠術系の美少女ゲームが増えた。
これもその頃の流行っていた時のゲームだと思う。
催眠術系の作品は、催眠術で女性を感じ易い身体にしたり自分の彼女だと思わせたり、初めから陵辱系のゲームではないと分かっていたがCGの良さに惹かれて買ってみた。
思った通り女性を思った通りに出来るので陵辱系の作品ではなかったので私の趣味とはズレていた。
Hシーンの趣味は違うがHシーンのパターンが多く、一辺倒の表現ではなく広い趣味の人に対応したゲームだと思う。
1、2のストーリーは知らないが3だけをプレイしても何も問題はなかった。
ボイスは女性のみフルボイスだったと思う。
総評としてキャラは、可愛くCGは綺麗でHの種類に工夫が見られる。
私のような陵辱系ゲームが好きな人には普通の作品と思えるが、一般的には良いゲームと評価される方も多いのではと思います。

☟DMMで購入する


発売された順番は知りませんがこれも同じシリーズか?
パッケージだけを見ると面白そうだが?

宇宙刑事ソルディバン

宇宙刑事ソルディバン
ソフトハウス:MAIKA

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『宇宙刑事ソルディバン』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
宇宙刑事といえば昔の特撮物を思い出すが、それを匂わすような演出はなかった。
ストーリーは巨大円盤群が地球に来訪し、異星人の要求に銀河連邦に加盟する事となった地球の人々は、異星人の移民を受け入れなくてはならなくなった。
他の星から移住してくる異星人の中には、犯罪者達もいた。
その犯罪者に立ち向かう宇宙刑事の物語。
黒船襲来後の日本を髣髴させるようなストーリー設定だ。
犯罪者との戦いに負ければ化け物の様な異星人に陵辱されるというお決まりのコースだが、その表現は陵辱物というより快感を堪える、快感に流される調教物の様な表現で惜しい仕上がり。
どうせならキャラを可愛らしいコスチュームを着させたら有りかも知れないが、可愛いというより本格的な戦闘服でそこは、特撮の影響を受けていると言える。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。
“凛々しい正義の味方が非情にも陵辱される”そういう方向性だったらB判定でも良かったと思うが、残念ながらC判定で普通のゲームと言える。
名前は違うが『宇宙刑事ステラバン』は『宇宙刑事ソルディバン』の続編らしいが私は、一作で“もういいかな?”と思いプレイしていない。
調教ゲームが好きで嫌だけど快感に耐えるという方向性のゲームが好きな方には、お薦めかもしれない。
どうも『MAIKA』は快感に耐えて、結局流されるという方向性のゲームが多いのだと私は予想している。

☟DMMで購入する


『宇宙刑事』の2本が含まれたパックがあるがちょっとお高め。
『MAIKA』を初めてプレイする人にはハードルが高い。
本数が多くてお得なのは間違いないのだが・・・

NOZOKI魔

NOZOKI魔ファイナル
ソフトハウス:MAIKA

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『NOZOKI魔ファイナル』は、シュミレーションゲームだと思っていたがDMMの表記ではアドベンチャーゲームとなっている。
どの部屋を覗くかを分岐と考えればアドベンチャーと言えるだろう。
ストーリーは、派遣の清掃員の覗木原見介が依頼された場所に潜り込み、女性達の秘密を覗き見てそれを元に女性を脅して陵辱していくストーリー。
シリーズ物のファイナルだが前作との繋がりは薄く、単品でも楽しめると思う。
後に“真”が付いた同じ様な作品が出ている。
私がプレイしたのは、この一本だけだがⅠ~Ⅲで登場したキャラも含めた15人以上のキャラが登場している。
私は覗きと陵辱を合わした様なゲームかと思っていたが、単なる調教ゲームで初めて女性に手を出した時でさえ調教感がありガッカリした。
覗きの部分でも背徳感というかドキドキする様な物でもなく、覗きは女性を陥れる単なる材料で、調教メインのゲームという印象だけが残る。
CGの出来は可もなく不可もない出来だが、登場キャラが皆巨乳なのが偏っていて気になる所だ。
詳しくは、DMMで見て頂きたいがシステムに沢山の工夫がされている。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。
総評としてこのゲームは、良くも悪くもない普通のゲームという評価だが、調教物が好きな人はプレイしてみると良いかもしれない。
陵辱物と調教物は似ている部分もあると思うが、特に初めての時が調教ぽかったらまるで別のジャンルという事になると思う。
調教物が趣味ではない私は、1作プレイしただけで手を引いた。

☟DMMで購入する


『NOZOKI魔』のパックと『真・NOZOKI魔』のパックがある様です。
『MAIKABOX Vol2.凌辱パック 』は『NOZOKI魔』と『真・NOZOKI魔』も入って、その他の現実世界物の作品を含めたパックの様です。
『MAIKABOX Fullパック 』は上記の作品プラス、ファンタジー系の作品を含めたパックの様です。
全部買うよりお得だろうがそれにしても高い金額になっていますね。

V.G. NEO

V.G. NEO
ソフトハウス:戯画

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『V.G. NEO』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは、ヴァリアブル・ジオという最強のウェイトレスを決める格闘技大会で賞金10億円を目指してウェイトレスが戦うというコスプレ要素が入ったストーリーで負ければ過酷な罰が待っている。
ストーリーだけを聞くと何じゃそりゃという設定だが、話は真面目なシリアス路線で個人的には好きだ。
シリーズ物でこの作品がシリーズ最後の作品だと思う。
以前の作品は、対戦型格闘ゲームらしく当時は珍しかったらしい。
私はこの作品しかプレイしていないので、どの作品からアドベンチャーゲームに切り替わったのかはDMMで確認して頂きたい。
私のデーターベースではC判定で良くも悪くもない普通のゲームとしての位置づけだ。
キャラはコスチュームに包まれて可愛らしく好きだがそれでC判定なのは、Hシーンが良くなかったのだろうと思うが、正直あまり内容を覚えていない。
覚えていないがこの作品はアニメ化されており、私は見ていてアニメの印象の方が強くゲームの記憶が消えている。
大会で負けたら大勢の観客の前で男達に犯されるというアニメは、興奮物でゲームはシリアスと書いたが、もしかしたらそれはアニメの印象でゲームではそれがポップに表現されていてシリアスな作品が好きな私の評価を下げたのかもしれない。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。
総評としてコスプレ格闘ゲームというありがちな設定が好きな人は、プレイした方が良いと思うが、ぶっ飛んだ設定に“ありえない”と思う様な人でもプレイしたら意外とちゃんとした真面目な作品であると思って頂ける内容だと思う。
私が本当にお薦めしているのはアニメの方なのでアニメを先に見ていただくのも良いかと思います。

☟DMMで購入する


アニメは、ベスト版が圧倒的にお得の様だが?

淫妖蟲

淫妖蟲
ソフトハウス:TinkerBell

☟DMMで購入する



『淫妖蟲 凶 ~久遠の姫巫女~』は追加ディスクで本編がないとプレイ出来ないそうです。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『淫妖蟲 ~凌蝕学園退魔録~』は、ストーリー分岐式のマルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは、退魔事務所に所属するヤマトに、私立春秋学園へ妖魔の退治行った仲間から連絡が途絶えてしばらく経ってから「協力な妖魔がいる。助けて欲しい」という連絡が入る。
ヤマトと深琴の二人は、春秋学園に転校して妖魔退治に乗り出すというストーリー。
化け物が出てくる陵辱系ゲームで暴力的表現は少ないが、化け物がグロテスク過ぎてありがちな魔法少女系とは一線を隔している。
CGは綺麗な分逆にグロテスク感が増し、これが簡素なCGなら万人にも受け入れられると思うがリアルな分コアな一部のファンにしか支持されないと思う。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。

この作品はシリーズ化されており『淫妖蟲 蝕 ~凌触島退魔録~』もプレイした。
前回の主人公が代わり、前回も登場した深琴と武が引き続き登場しているが、別に前作をプレイしていなくても2作目からプレイしても問題ないと思う。
私のイメージではハードさが増し、普通っぽいHシーンが以前よりも減り、よりマニアックな作品になったと思う。
その証拠に美少女ゲームアワード2006のハード系作品賞を受賞している。
総評としてアニメ化されたほどの人気ゲームではあるが、化け物系の中でもグロテスクでハードな表現ばかりでプレイする人を選ぶ作品だと思う。
それは回を追うごとに激しさを増して、ハラボテや胸が巨乳に拡大するなどのマニアックな表現が増えていると思う。
ちなみに私は、2作目で断念をしてそれ以降の作品はプレイしていない。
私は、アニメも何作か見たがアニメの方がグロテスク感が低く見やすい。
ゲームをする前に試しにアニメから見るのも手かもしれない。

☟DMMで購入する


個別で買うよりはお得なパックもある様です。
アニメは、種類が沢山あるので完全版のみを貼り付けました。
ゲームよりは、ソフトな仕上がりなのでこちらの方が万人向けかもしれません。

魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦

魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦
ソフトハウス:アイル

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦』はストーリー分岐式のマルエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは、主人公が奇妙な生物に襲われ、その後自分の身体の異変に気付く。
身体が快感を欲していた。
望まない快感を理性で抑える日々、同じ頃主人公の周りでは奇妙な出来事が起こり始める。
タイトルの名前にあるように快感を押さえ込もうとする“苦”と快感を受け入れた“悦”の狭間で揺れる主人公を描いた作品。
化け物が出てくる陵辱系のゲームと言え、ストーリーもCGもシリアスな表現で、CGは綺麗で私は期待していた。
CGを見ても化け物がエグ過ぎるという事もなく良いバランスで、良い作品に見えるが私のデーターベースではC判定となている。
C判定は良くも悪くもない普通という事だが、CGの印象と比べると低い。
それは、たぶん上に書いた苦悦の関係で主人公は、段々感じてしまい最終的には感じて終わるという方向性だったと思う。
私は陵辱系が好きな訳だがそれは、女性が嫌がるSよりの趣味があるという事だと思うが“結局嫌がらずに感じるんかい!”という陵辱感が薄い作品だという事だと思う。
明るいストーリーで犯されて感じる作品よりは、シリアスなストーリーで段々と感じる作品の方がもちろん良いが私の評価としてやはり落ちてしまう。
2作目もあるが私は買っておらず詳しくは知らないが、主人公は変わるが敵は同じ敵(種族)という事でストーリーは1作目と繋がっていないと思われる。
ちなみに1作目で見切りを付けた訳ではなく、ただ単に発売された時期にお金がなかっただけでお金があったら買っていた。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。
評価としてストーリー、CGの美しさは良いが、途中で女性が受け入れてしまうHシーンの表現が嫌いという感じで、逆に嫌がっていた女性が最終的にはヨガリ狂う作品が好きという人もいると思う。
そういう人には、お薦めな作品だが純粋な陵辱ゲームが好きな人には私の様に“普通”という評価になってしまうのかもしれない。

☟DMMで購入する


DVDPGもある様です。

脅迫

脅迫
ソフトハウス:アイル

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『脅迫 ~終わらない明日~』はストーリー分岐式のマルエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは名前の通り主人公がオナニーをしていた所を写真に取られ脅されるという陵辱ゲームでは王道の展開で単純明快。
シナリオナビゲーションで見ていないストーリーを追えるシステムを追加されているらしいが、私の印象ではそんなに分岐が多く難解なゲームでもなかった様な気がする。
後にアニメ化された事からも分かる様に人気があったゲームだと思う。
Hシーンは、バラエティーに富み、単純な陵辱ゲームではないと言えるが奇抜すぎると言えなくもないがそれは、好みの問題だろう。
2,3と続編も出たが私がプレイしたのは、2までだと思う。
もしくは、アニメ化もされておりアニメだけ見て2をプレイした気になっているだけかもしれない。
1,2も主人公が可愛らしくパッケージの印象だけだと登場人物が少なく見えるが主人公の周りの女性も多数登場し陵辱に巻き込まれていく。
3は私は出ている事さえ知らなかったので何も言う事はない。
ボイスは女性のみフルボイスだったと思うが記憶が定かではない。
総評としてアニメ化されるほど人気があり、正統派の陵辱ゲームと言えるがストーリに深みはなくHシーンに拘った抜きゲーと言えお薦めだが、古い作品なのでCGの質では少し劣ると思います。



アニメのセットになったバージョンの物らしいです。
もちろん、1巻ずつも売っていますのでご確認ください。

VIPER

VIPER
ソフトハウス:Sogna

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

VIPERは、大昔の作品で動画を主体としたアニメゲーム。
シリーズとして何本もリリースされているが私も何本もプレイしたはずだが記憶にあるのは『VIPER V8』『VIPER F40』『VIPER RSR』の3本だけだ。
『VIPER V8』は、3本のオムニバスストーリーを見られる。
ゲームと謳ってはいるが分岐のような物はなかったか、あったとしても非常に少なくアニメを見ている様な感じだ。
『VIPER F40』も同じような仕様だったと思う。
『VIPER V8』で覚えている話は「18日の禁曜日」で名前から創造出来るようにHな恐怖の事件が起こり、私は最後の結末まで覚えているがネタバレになるのでここでは書けない。
何度も書くが私は、陵辱系ゲームが好きなのだが『VIPER F40』も陵辱色が強いお話だったと思う。
ストーリーは、私立探偵が失踪事件の解明の為調査に乗り出すというストーリーで、こちらは絵を見てプレイしたと分かったが肝心の内容を思い出せず、良いも悪いも評価が出来ない。
陵辱ゲームと言えるぐらいHシーンがそちらよりの内容だったという記憶だけがある。
『VIPER RSR』は、上記の二つのゲーム要素の薄いゲームとは違い、RPGとアドベンチャー形式の会話部分とで構成されているとDMMで説明されている。
私のデーターベースにプレイしたと『VIPER RSR』は記録してあるがこのゲームもまったく覚えていない。
覚えていないが評価としてB判定にしている。
B判定とは「非常に良い」の一つ下の「良いゲーム」という事で記憶にはないが当時面白いと思ったのだろう。
大昔のゲームで当時は、動くアニメーションのゲームは珍しく、それだけで評価として高かったが現在はCG(アニメで)が動くのは当たり前で、今プレイしても画質の悪さが目立つと思う。
それはそれで趣があるがそれを良しと思えない人は、プレイしない方が良いと思う。
あと、昔のアニメを作るのに労力が掛かった頃の作品なので動画部分は短く、金額は安めの設定ではあるがそれでもプレイ(動画)時間と対比したら高いと思われる人もいると思う。
高いお金を払ってでも昔懐かしいエロゲーをプレイしたいという気概のあるお金持ちの人にお薦めします。

☟DMMで購入する


今回紹介したのは3本だけですが『VIPER F50 』あたりは超良さそうです。
他にも沢山載せていない作品があるのでDMMで検索してみては?

魔法天使ミサキ2

魔法天使ミサキ2
ソフトハウス:RaSeN

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

ゲームは、ストーリー分岐式のマルエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは『突撃天使かのん』の半年後の話とDMMで書いてあるが、それほど“続き”という印象もなく『突撃天使かのん』をプレイしていなくてもこちらだけでもプレイ出来る。
名前的には『魔法天使ミサキ』の続編になる訳だがこちらも絶対前作をプレイした方が良いとは思わない。
『半破き』のコンセプトをそのままにセクシー系のキャラも、Hシーンも多くパワーアップしている。
作品はミサキが主人公な訳だが今回は、人気のあったミント(金髪の魔法天使)に焦点を当てているらしく、私も確かに私もミサキよりミントの方が良かったので、その点は評価出来る。
個人的には赤いコスチュームの魔法天使のHシーンで好きなシーンがあるので見てもらいたい。
ボイスは、女性キャラのみあったと思う。
この作品で3本続いた魔法天使物は終わりで、たまに一作目が人気があったので続きを出したが全然面白くなかったとう作品があるが『魔法天使ミサキ2』は引き続き楽しめる抜けるゲームだと思う。
もちろん恋愛ゲームではないので根本的な趣味が違う人は挑戦しない方が良い、マニアックな陵辱魔法少女物です。


☟DMMで購入する


突撃天使かのん

突撃天使かのん
ソフトハウス:RaSeN

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

ゲームは、ストーリー分岐式のマルエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは『魔法天使ミサキ』の1年後の話とDMMに書いてあるがミサキも出てこないので『魔法天使ミサキ』をプレイしていなくても楽しめる作品で別の部隊の魔法少女の戦いという感じだ。
主役がかのんに変わっている訳だが、個人的な趣味かもしれないがミサキより可愛さの部分で劣っていると思うので以前の作品よりレベルが落ちている様に感じる。
ですがHシーンの『半破き』や陵辱のテーストは変わっておらず『魔法天使ミサキ』が気に入った方には引き続き楽しめるだろう。
少し変わったのはセクシー系のお姉さまのシーンが増えている印象があり、それを可愛い系のHシーンが減ったと考えるかバリエーションが増えたと考えるのか、どの様に捉えるのかで、比較にはなるが以前の作品よりレベルが上がったのか下がったのかが変わってくる。
ボイスは、女性キャラのみあったと思う。
私の中では、良かった作品の一つではあるが『魔法天使ミサキ』よりもレベルダウンした印象があるがキサキよりかのんのキャラの方が好きとういう人には、世界観は変わっていないのでより一層楽しめると思います。

☟DMMで購入する


買ったのはこのパッケージの方だと思うが、上のパッケージの作品とは何が違うのだ?

魔法天使ミサキ

魔法天使ミサキ
ソフトハウス:RaSeN


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

ゲームは、ストーリー分岐式のマルエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリー設定は、分かり易いありがちな設定で特記するような特別な内容はない。
RaSeNは陵辱系の作品しかなく、もちろんこの作品も敵に犯されるばかりで恋愛系のCGはまったくない、もしくは少量だと思う。
キャラは可愛らしく、少しロリコン的ではあるが“大丈夫か?”と作った人の性癖を疑うほど酷くはない。
Hシーンは化け物、触手系がほとんどで人によっては理解出来ない表現の物もあるがヒロインは犯されながらも可愛らしさがあるので興奮出来る。
そう言えばと思ったのだがDMMにコスチュームは『半破き』にこだわり全裸のシーンは一切ないらしく、確かに全裸シーンはなかった気がする。
『半破き』とは半裸ではなく、服を破いて半裸にした状態で個人的には1シーンぐらい全裸シーンがあっても良いと思うのだが『半破き』にこだわった作品らしい。
確かに最後のシーンで全裸なら魔法少女というコスチューム設定の意味をなさない。
私は、好きな作品なのだがコスチュームにぶちまけられた白濁した液という絵が思い出され、確かにその表現が良かったという事が私の高評価に繋がっている気がする。
ボイスの方は、女性キャラのみあったと思う。
総評としてRaSeNの中でも一番好きなシリーズでその後RaSeNの作品を多く買った理由にもなった作品だと思う。
キャラが可愛らしいより美人のセクシーキャラが好きな方にはお薦めしません。


☟DMMで購入する

Fate/Stay night

Fate/Stay night
ソフトハウス:TYPE MOON

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

今の若い人はこの『Fate/Stay night』がエロゲーから始まっている事を知っているのだろうか?
私はこの美少女ゲームをプレイして、その後普通のアニメとして登場した時にはエロゲーが普通のアニメ化されるのかと驚愕した。
詳しくは知らないが今では、オンラインゲームでも人気があるようだ。
私が買った時は大人気の美少女ゲームと知って購入し、プレイした。
そのストーリーは、聖杯を手に入れると持ち主の願いを叶えるという。
7人の魔術師は7騎の使い魔と契約し、最後の一人となるまで戦い、勝ち残った一人が聖杯を手に出来る。
その戦いに巻き込まれた主人公が「聖杯戦争」に立ち向かう姿を描いたバトルノベル。
DMMでノベルと謳っているので分岐式でストーリーが変わる様なアドベンチャーゲームではなかったのかもしれないが、よく覚えていない。
CGも綺麗で私は、期待していたが以前紹介した『斬魔大聖デモンベイン』をプレイした時の様な気持ちになった。
どういう事かと言うとCGがズバ抜けて綺麗で一般的な評価が高く、ジャケットの印象としてシリアスな物語という事が一緒で、期待してプレイしてみると失敗したという気持ちになったという意味で、内容的には『斬魔大聖デモンベイン』以上にシリアスだったと思う。
世界観は想像通りだったがHシーンが少なくそのHシーンも陵辱関係がなく、私の中にシリアス=陵辱ありという図式があるが、この『Fate/Stay night』にはそういうHシーンなかったと思う。
陵辱エロスがないのなら恋愛Hシーンで抜くしかないのだが、その量も少なくて抜きゲーではなかった。
要は抜けないゲームだった。
私は、どんなにストーリーが良かろうが第一に抜けない事には意味がない。
一般的な評価が高かったのは、そのストーリーによる所が大きいと思うが個人的にはのめり込めなかった。
ボイスやバトルの演出なども優れていた印象があるが、男性キャラにボイスがあったかどうかは覚えていない。
総評として『Fate/Stay night』が元々美少女ゲームと知らない人がアニメやゲームから入った人がプレイしたら相当興奮出来るのではないかとうい事。
ファンだった芸能人がAV女優になった時の様に“あの好きだった子が?”の様な異常な興奮を得られると思う。
しかし、私の様な陵辱系ゲームが好きな人には、あまりお薦めは出来ません。

☟DMMで購入する


一作目の続きがある様です。
もちろん私は、プレイしていません。

幻燐の姫将軍Ⅱ

幻燐の姫将軍Ⅱ
ソフトハウス:エウシュリー

☟DMMで購入する


追加版があるようです。


※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

もちろんⅠもある訳だが私は、Ⅱからプレイした。
抜ける抜けないはまず置いておいてEushullyの作品はゲームとして面白い。
『幻燐の姫将軍Ⅱ』はシュミレーションゲームで出撃するキャラを選び敵を倒すという、人によっては単純だとして嫌う人もいるだろうが個人的には面白かった。
キャラには魔法使いや弓使いなどがいて、遠隔攻撃や広範囲を魔法攻撃が出来るなどキャラによって攻撃特性があり、どのキャラを出撃させるかプレイする人の趣味が反映される。
もちろん回復系魔法を使うキャラもいたと思う。
マップ内には宝箱があり、1ターンの行動で宝箱を開けると敵に攻撃出来なくなるので頭を使ったプレイが必要になり、こういうちょっとしたゲームのアクセサリーがこういうよく仕様のゲームが面白く感じる。
CGは綺麗でキャラも可愛いが、陵辱系ゲームとは言いがたいが全くない訳ではないのでそっち系が好きな人も楽しめるが、CGが綺麗(明る)過ぎて悲壮感が薄い。
基本王妃イリーナと主人公のラブラブHシーンが突出して多かった記憶があるのでその王妃が好みでない人はプレイしない方がいいと思います。
ボイスは女性キャラのみあったと思う。
以上、ゲームとしては面白いがCGは恋愛系の物が多く、陵辱系のCGもちょっとした演出からか悲壮感を感じられない。
陵辱系好きの人には抜けるシーンは少ないかもしれないが恋愛系が好きな方にはお薦めだし、シュミレーションゲームとして楽しむ事が目的で、そのついでにHシーンを見るというスタンスなら十分買う価値はあるゲームだと思います。

☟DMMで購入する


『戦女神VERITA』はⅠとⅡの間のストーリーだそうです。
詳しくは移動してご確認ください。

奴隷介護

奴隷介護
ソフトハウス:シルキーズ

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

私がシルキーズで始めてプレイしたゲームで、ストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
当時、シルキーズがエルフ系のブランドとは知らず、パッケージのCGの綺麗さで購入した。
後に女系家族でシルキーズがエルフの流れを汲むと分かりCGのレベルの高さやブラックな内容に納得がいった。
ストーリーは主人公が働き始めた介護施設が実は、夜には入院している金持ち老人達の性のお相手を看護師達(女性)がするという介護施設だったという単純明快な話だったと思うが、そこに知らずに入ってしまった主人公の取る行動で大きく話が変わるという内容だったと思う。
Hシーンは簡単に見られるが全てのCGを見るのは難しかったという記憶がある。
ボイスは、主人公以外フルボイスとの事。
総評として世界観にエルフらしさが感じられエルフ好きの人はプレイした方が良い陵辱系(調教寄り?)のゲームだと思います。

☟DMMで購入する


見た事はありせんがアニメもある様です。
レンタルしかないのだと思います。

愛姉妹 ~二人の果実~

愛姉妹 ~二人の果実~
ソフトハウス:シルキーズ

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

ゲームは、ストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャー。
ストーリーは、単純で母の起こした交通事故をネタに母と二人の娘を脅し、手懐けていくという抜きゲーで深いストーリー性がある訳ではないので分岐が複雑過ぎてCGを見られない部分が出てくるという事はないと思う。
そのCGは、レベルが高く美しい。
このゲームは、別の言い方で言えば調教物と言い換える事が出来ると思うが、Hシーンは誰をどう責めるかというのをストーリーで表しているという感じで、単調と言えば単調だし登場人物が少なめなのも個人的には好きではない。
ボイスは、男性キャラも含めて主人公以外フルボイスだったと思う。
総評としてエルフの流れを組むシルキーズなのでCGは美しく綺麗だが、登場女性キャラが少ないのが弱点だが、そういう大乱交的な演出や少ないキャラに飽きない人なら楽しめると思います。

☟DMMで購入する


『愛姉妹・蕾・・・汚してください』は、私はプレイしていないが、パッと見続編の様に見えるが別の話の様です。
『愛姉妹IV 悔しくて気持ち良かったなんて言えない』は存在している事すら知らなかった。
マジでやりたいが今は貧乏過ぎる・・・
ここには、貼らないがアニメも沢山ある様なのでアニメ派の方は見てみては?

女系家族

女系家族
ソフトハウス:シルキーズ


☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

シルキーズはエルフの別ブランドでゲームは、ストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは、主人公の兄が跡取りとして娘しかいない山王時家に婿養子に入ったが自殺を図ってしまった。
命は取り留めた物の意識不明となり、主人公は兄の遺書を持って女性だけの山王時家に乗り込んで行く。
主人公の秋二は山王時家の財産だけでなく女性達の体も狙っていた・・・
という様な昼ドラをエロ目的で描いた様なストーリーだが、話は淡々と進んで行きHシーンを簡単に見られる抜きゲーと言った感じで、全部のCGを見られないという様な複雑なゲームではない。
古い作品だが今CGを見ても美しいのはエルフ(シルキーズ)が技術の最先端を走っていたと言っていいだろうと思う。
ボイスは主人公以外の男性、女性キャラがフルボイスだったと記憶していて、エルフは基本男性キャラも喋る。
ストーリーの世界観は好きだがそんなに入り組んだ奥深い話ではないがCGが美しく、キャラも熟女から学生までと幅広い範囲を網羅し、人を選ばずプレイ出来ると思うが、ストーリーからも分かる様に純愛、明るい、楽しげなゲームが好きな人にはお薦めしない。

☟DMMで購入する


続編(ストーリーに繋がりはないと思う)はプレイしていないので何とも言えないがCGがさらに奇麗になっているのは確か。

魔界天使ジブリール

魔界天使ジブリール
ソフトハウス:Front Wing

☟DMMで購入する





※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

ジブリールはストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは主人公と付き合うことになった真辺リカだったが、ある日二人の前に悪魔が現れ襲われてしまう。
二人の運命が変わり始める・・・
御馴染みの魔法少女物でCGが綺麗で、ゲームでは変身シーンが動くCGで表現されていてHシーンにも触手などが登場するので期待していた。
しかし、Hシーンは陵辱物というより段々と感じてしまい受け入れてしまうという方向性のHシーンばかりでシリアスな物語ではない。
それは、敵の悪魔のお仕置きシーンでも一緒で悲壮感は終始感じられないポップな印象。
綺麗なCGで悲壮感満載のシリアスなストーリーだったら個人的はもっと高評価だったのだが、何作もアニメ化されているのだからこの軽いタッチのストーリーが好きな人が多いのだろう。
ボイスは、女性のみフルボイスだったと思う。
総評としてはCGの綺麗さで平均点越えの評価で、上記で述べた様に敵に襲われて段々と興奮するというシチュエーションが好きな人にはお薦めです。
ちなみに私は、一作目をプレイしてシリアス物が好きな私はその後の作品はプレイしなかった。
シリアス具合で言えばアニメの方がシリアスだと思う。

☟DMMで購入する


アニメです。数が多いのですべての種類を載せている訳ではありません。

トワイライトホテル~夜鳴の詩~

トワイライトホテル~夜鳴の詩~
ソフトハウス:ZYX

☟DMMで購入する



※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『トワイライトホテル~夜鳴の詩~』はZYXのストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャーゲーム。
ストーリーは主人公が隔離された洋館で体験する異常な出来事の数々にどう対応するかでストーリーが大きく変化する。
普段記事を書くのにあらすじやCGを見た時にある程度思い出すのだが今回は、ほとんど何も思い出せない。
では、何故この『トワイライトホテル~夜鳴の詩~』を紹介するかというと私のデーターベースに高評価として記録があるからだ。
ZIXは、他にも『雷の戦士ライディン』や『淫内感染』をプレイしているはずだが、昔過ぎてほとんど何も覚えていない。
古いと言ってもリメイクされて画が奇麗になっているので、DMMに移動してあらすじなどの確認をして頂きたい。
特に『トワイライトホテル』は良かった作品として印象があり、プレイしたのは間違いないがここに書くほどのゲームの内容は覚えていない。
結局、私は『河原崎家の一族』や『ELYSION ~永遠のサンクチュアリ~』の様な隔離された洋館の世界観が好きな傾向があり、この『トワイライトホテル~夜鳴の詩~』もその括りに分類されるゲームだと思う。
陵辱ゲームというより、狂った洋館の住人達に主人公が正気を保っていられるかという内容だったと思う。
曖昧な記事だが、DMMに移動してあらすじやCGを見て判断してもらいたい所だ。


☟DMMで購入する


これらもプレイした気がする。
もしかしたら店頭で読み込みプレイした気になっているのかもしれないが・・・

ドラゴンナイト4

ドラゴンナイト4
ソフトハウス:elf

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

ドラゴンナイトは、美少女ゲームのロールプレイングゲームとして傑作で、これは4作目となる。
ちなみに私は、一作目からプレイしたと記憶している。
以前から主人公だったタケルから4で息子のカケルが主人公となってストーリーが進むがタケルも主要キャラとして登場している。
ロールプレイングゲームと言っても4からは、ストーリーの部分をマップ内で動き回り情報を集めるというロールプレイングだが戦いの場面では、出撃するキャラを選びフィールド内でキャラを動かし戦うという3Dシュミレーションに変わっている。
戦闘で主人公だけでなく主要キャラがやられるとゲームオーバーになるのは面倒な所だが、イージーモードもあるので難しくて話が進まないという問題はないだろう。
戦闘部分での処理スピードが私のプレイした時には遅かった記憶がある。
コンピュータのスペックが低いとゲームが重くなるのだと思うので余裕のあるスペックでプレイした方が良いと思う。
Hシーン量は普通だが悲劇的な陵辱シーンはほとんどなく、女性に無理やりという場面でもポップな印象で、過激で悲惨な表現が好きな人には向かないと思う。
CGは美しくキャラも可愛い。
ボイスは、男性も女性もあったと思うが主人公やタケルなどのボイスはなかった様な気がする。
エルフは私が一番好きだったブランドでハズレはほとんどなく、ドラゴンナイトシリーズも世界観やキャラの可愛さ戦闘のゲーム性など世間的にも評価は高い。
CGも美しいがHシーンは陵辱ゲーム好きには物足りず、悲壮感や緊迫感はない。
美少女ゲーム初心者が楽しめるゲーム性の高い美少女ゲームと言えるだろう。

☟DMMで購入する


アニメと小説がある様です。

続・殺戮のジャンゴ ~地獄の賞金首~

続・殺戮のジャンゴ ~地獄の賞金首~
ソフトハウス:nitro+

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

ストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでタイトルに続と付いているが前作は存在しない。
ストーリーは西部劇をイメージしながらも舞台は別の惑星で、その惑星で有名賞金首を狙う賞金稼ぎのリリィ。
リリィの前に同じ賞金首を狙う謎の女性が現れて賞金首を巡る戦いは混迷を極める。
『斬魔大聖デモンベイン』と同じくプレイ時間が長くお得に楽しめる。
CGは、相変わらず美しくキャラのファッションもお洒落で魅力的。
Hシーンは『斬魔大聖デモンベイン』より多く個人的にはこっちの方が抜ける作品だと思う。
ボイスは、男性も女性もフルボイスだったと記憶している。
総評としてストーリーは重厚でCGや文章で普通の西部劇ではない惑星の世界観を表現出来ていて、リリィや他の登場人物もセクシーで大人の色気漂う作品だと思う。
個人的には『斬魔大聖デモンベイン』よりこっちの方が好きだが、一般的には『斬魔大聖デモンベイン』の方が評価されていると思うのでそれは勘違いされないで頂きたい。

☟DMMで購入する


コミックがある様です。

斬魔大聖デモンベイン

斬魔大聖デモンベイン
ソフトハウス:nitro+

☟DMMで購入する




※昔プレイした物を思い出しながら書いていますので細かい部分で間違いがあるかもしれません。プレイした印象を中心に書いていきます。

『斬魔大聖デモンベイン』はある時期人気があり、私もその評判を聞きプレイする事にした。
ストーリーは主人公の貧乏探偵がある財閥に魔術書の探索を依頼され、秘密結社との戦いに巻き込まれ財閥所有の巨大ロボットデモンベインに乗ることになり秘密結社と戦っていくという巨大ロボット物。
ゲームは、ストーリー分岐式マルチエンディング方式のアドベンチャーゲームでたっぷり遊べるプレイ時間が長いゲームだった記憶がある。
私は、パッケージやCGの印象から暗い重厚なゲームだと思っていたが、ロボットの合体?変形?シーンが動画であり、昔の巨大ロボットアニメの様なノリだった。
キャラも可愛くエロゲーとして期待していたがHシーンが決定的に少なかったと思う。
ストーリーが長い分、余計Hシーンが少ないのが目に付いた。
抜く事を目的に見ていたのでHシーンまでが長く、我慢出来なくなり途中でスキップを多用してロボット合体シーンも邪魔だと思う様になり、ストーリーもよく分からなくなったのでここで良い悪いという評価は出来ないが、そもそも面白ければスキップも多用しない。
ボイスは、男性も女性もフルボイスだった様な気がする。
総評としてCGは美しいがHシーンが少なく物足りず、ストーリーも巨大ロボット物で重厚なストーリーが好きな私には合わずスキップで読み飛ばした。
私には合わなかったが人気があったのは間違いない事で、戦隊物や巨大ロボット物が好きな人には楽しいのだろうと予想出来るがHシーンが少ないと思うのは私だけではないのかなと思います。

☟DMMで購入する


『斬魔大聖デモンベイン ビジュアルファンブック』だそうです。
アクセスカウンター
プロフィール

Author:wayagame
FC2ブログへようこそ!
遊んだ美少女ゲームは200本以上のわやが紹介する美少女ゲーム
(基本陵辱物が多い)

検索フォーム
ブログランキングボタン
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
リンク
カテゴリ
広告
DMM GAMES 遊び放題
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
アダルトブック通販